2008年から12年連続で実施!ユニ・チャームは「ピンクリボン活動」を今年も応援します 「ピンクリボン活動」特設ページ開設中

@Press / 2019年10月3日 11時30分

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原 豪久)は、2008年から、女性の乳がんによる死亡率の低下を目指した「ピンクリボン活動」を応援してきました。
近年、乳がん検診の必要性を伝える、「ピンクリボン活動」の役割は拡大しています。ユニ・チャームは、今年も様々な活動を通じて「ピンクリボン活動」を応援します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194734/LL_img_194734_1.png
メインイメージ

■本件の背景
乳がん検診の受診を促し、発症患者の撲滅を目指す「ピンクリボン活動」については、官民をあげた取り組みによって、広く社会に浸透するにいたりました。しかしながら、乳がん検診の受診率は44.9%※1に留まり、乳がんによる死亡者数もここ数年1万4千人前後※2で推移しており、女性の30~64歳では死亡原因のトップです。
欧米では乳がん検診の受診率は8割を超え、早期発見・早期治療が定着しています。我が国でも「受診率50%超え」を合言葉に、様々な活動が展開されていますが、まだ道半ばと言わざるを得ません。
ユニ・チャームが展開する生理用品「ソフィ」は、「はばたけ、わたし!」をブランド・スローガンに掲げ、すべての女性が「自分らしく、健やかに毎日を過ごせる」社会を実現できるように貢献することを目指しています。そのような目標を目指す「ソフィ」と「ピンクリボン活動」とは親和性が高いと考え、2008年より様々な取り組みを通じて支援をしています。上述した状況を踏まえて、今年も「ソフィ」は「ピンクリボン活動」を応援することにしました。

※1 平成28年 国民生活基礎調査(厚生労働省)を参照しています。
https://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/campaign_30/outline/low.html
※2 厚生労働省人口動態統計(確定数)2018年9月7日発表を参照しています。
女性の乳がんの死亡数は、2015年:13,584人、2016年:14,015人、2017年:14,285人。
http://www.pinkribbonfestival.jp/about/


■2019年「ピンクリボン活動」を応援する取り組み
「ソフィ」では「ピンクリボン活動」を応援するために下記4つの取り組みを実施します。

(1)「ピンクリボン活動応援デザインパッケージ」商品の展開
(2)「ピンクリボン活動応援特設ページ」をソフィブランドサイト内に開設
(3)「ソフィピンクリボン応援プロジェクト」というTwitter募金の実施
(4)ピンクリボンフェスティバル「ソフィブース出展」「スマイルウオーク東京」への参加

(1)ピンクリボン活動応援デザインパッケージ商品の展開
「ピンクリボン活動応援デザイン」パッケージ商品を、生理用品「ソフィ」から8アイテム発売します。
対象商品の売上金の一部は、公益財団法人日本対がん協会が設立した「乳がんをなくす『ほほえみ基金』」(以下。「ほほえみ基金」)に寄付します。「ほほえみ基金」に集まった募金は、乳がん検診の普及・浸透の啓発活動や、検診機器の整備、がんに関する正しい知識の普及、がん患者をケアする活動等に用いられます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/194734/img_194734_2.png
ピンクリボンデザインパッケージ一例

※店舗によって展開時期が異なる場合があります。中の商品は通常のデザインです。
※上記に掲載したキャンペーン対象商品は一部になります。

(2)「ピンクリボン活動特設ページ」をソフィブランドサイト内に開設
「ピンクリボン活動」を正しく理解していただくことを目的に、取り組み内容や乳がんに対する基礎知識、そして乳がんの早期発見のためのセルフチェックページを掲載します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/194734/img_194734_3.jpg
ピンクリボン活動特設ページ

『ソフィ ピンクリボン活動』特設サイト: http://www1.sofy.jp/pinkribbon/index.html

(3)「ソフィピンクリボン応援プロジェクト」Twitter募金の実施
これまでご好評いただいておりましたSNSでの募金企画を、今年は3種類のTwitter募金企画で実施します。

1. 「リツイート」もしくは「いいね」のアクションをするだけで気軽に参加できる募金。
2. 乳がんに関して気づきや学びを提供し、「リツイート」もしくは「いいね」することでできる募金。
3. 漫画家のやまもとりえさんに協力いただいた4コマ漫画を「リツイート」もしくは「いいね」することでできる募金。
乳がんの罹患率が高まる30-40代の女性に向けて、乳がんの早期発見をサポートしたいという気持ちを込め、忙しい毎日でも、乳がんセルフチェックをし、自分の身体と向き合うことを啓発します。

募金は、公益財団法人日本対がん協会『ほほえみ基金』に寄付されます。

(4)ピンクリボンフェスティバル「ソフィブース出展」「スマイルウオーク東京」への参加
今年も10月5日(土)に、公益財団法人日本対がん協会他が主催するピンクリボンフェスティバルのイベント「スマイルウオーク 東京」に参加し、ピンクリボン活動のメッセージを伝えます。また、ソフィブースを出展し、タンポンと10月新発売の超熟睡ショーツのサンプルを

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/194734/img_194734_4.png
ピンクリボンスマイルウオークの様子


■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計15,757名(2017年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売


≪消費者の方のお問い合わせ先≫
ユニ・チャーム株式会社 お客様相談センター
TEL:0120-423-001


ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング