印刷データのトラブル解決サービス「データヘルパー」 ~DTP編集データの変換・復元サービスを開始~

@Press / 2019年10月2日 13時0分

株式会社フジプラス(本社:大阪市北区、代表取締役社長:井戸 剛)は、DTP編集データの変換、復元サービスを開始いたしました。例えば、多ページ物をInDesignで作ったのにIllustratorでの納品を依頼された場合や、過去の印刷物から改訂依頼があったが編集データを紛失してしまった場合など、印刷データ復旧の相談窓口としてご利用いただけるようにしております。
本サービスではWebから問い合わせや見積依頼ができ、手間のかかる作業のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)としてお客様支援をいたします。
なお、作業は株式会社フジプラス及び、新たに2019年9月に設立した業務委託先であるフジプラス・ダナン(FUJIPLUS DA NANG)にて行われ、ニーズに合わせた品質、価格にてサービスをご提供いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195045/LL_img_195045_1.jpg
データヘルパー

(1) DTPデータ変換サービス
毎年のようにバージョンアップされるAdobe Creative Cloudの上位バージョンへの変換やInDesign、Illustrator、PDFなどのアプリケーション間の変換を行います。

(2) DTPデータ復元サービス
印刷用データの無い印刷物より、編集可能なDTPデータを作成いたします。また、データ紛失時だけでなく、DTP以前のアナログ制作時の印刷物のデータ化にもご利用いただけます。

<データヘルパーWebサイト>
https://fujiplus.jp/datahelper/


■株式会社フジプラスについて
フジプラスグループは大正12年の創業以来、お客様のニーズの変化に常に対応し、また時代を先取りしながら新たな技術を積極的に導入してきました。特に近年は、新たな変革の時代に突入し、技術が急速に進化しています。そんな中で、わたしたちは、今後ますます成長が予想されるデジタル印刷へもいち早く進出し、さまざまなサービスを展開しています。
そして今、もっとも注力しているのが、「コミュニケーションプロバイダー」として、従来の印刷業務にとらわれない付加価値の創造です。お客様それぞれに合わせたコミュニケーションビジネスを提案し、お客様の販売促進の支援やコストダウンに貢献すること。これこそが、わたしたちにできる最大のサービスだと確信しています。


■株式会社フジプラス 会社概要
所在地:<本社>
大阪府大阪市北区南森町1-2-28
<東京支店>
東京都品川区大崎4-1-2 ウイン第2五反田ビル3F
<生産本部(伊丹工場)>
兵庫県伊丹市東有岡3-212
代表者:代表取締役社長 井戸 剛

主な事業内容:
コミュニケーションビジネスの提供
◆マーケティング計画、コミュニケーション計画の立案
◆マーケティングの観点からお客様の潜在的な課題を解決する様々なサービス
◆デジタル印刷による各種印刷関連サービス
◆オフセット印刷によるカタログ・パンフレット等の企画・デザイン・制作・印刷
◆フォトブック等のBtoCビジネス
◆ソーシャルメディアを使った様々なサービス
◆発送方法も含めた効果的なDM企画の提案
◆データベースの構築やWEBを利用したワークフローの構築

URL: https://fujiplus.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング