“費用面の安心を保証”する、生まれ変わったアディーレ法律事務所「アスベスト(石綿)健康被害賠償」「退職代行」の相談を開始!

@Press / 2019年10月2日 11時0分


■ アディーレのアスベスト(石綿)健康被害賠償請求

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195156/img_195156_1.jpg
■最大1,300万円の支払いを受けられます
アスベスト(石綿)による健康被害を受けた方は、国が定める要件を満たしていれば、病状に応じた賠償金(和解金)が支払われます。

この賠償金(和解金)を獲得するには、健康被害を受けたご本人またはご遺族の方が裁判を起こす必要があります。しかし、裁判を行うための訴状の作成や、必要書類の収集方法など、一般の方にはとても難しいのが現状です。アディーレでは、どのような書類を誰に対して請求すれば良いのか、診断書にはどのような記載が必要なのか、全てサポートすることが可能です。

また、裁判当日には弁護士が出廷しますので、平日の昼間に裁判所に赴くという手間も必要ありません。更に、アディーレがいただく報酬は、支払われた和解金から差し引かせていただきますので、ご依頼によって費用の手出しが発生することもありません。

■ ご家族の方、ご遺族の方もご相談ください
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195156/img_195156_2.jpg
これらの賠償金(和解金)を受け取ることができるのは、アスベストによる健康被害を受けたご本人はもちろんのこと、もしご本人が亡くなられていた場合にはご遺族の方が受け取ることができます。
労災申請によって葬祭料や特別遺族給付金などの給付が得られる場合もありますので、まずはアディーレまでご相談ください。

■間違っていても、大丈夫。実質的負担「ゼロ宣言」!
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/195156/img_195156_4.jpg

アディーレは2019年6月に、事務所取扱業務全てにおいて、利益・成果を超える報酬をいただかない(返還する)という「費用面での保証事務所」として生まれ変わりました。

もちろん、アスベスト被害に関する訴訟も、相談料0円、着手金0円、成果のない場合は成功報酬0円の「ゼロ宣言」を適用いたします。成功報酬は、支払われた賠償金からいただきますので、依頼者さまの実質的負担はありません。ご自身やご家族が肺がんや中皮腫でお悩みの方、ご遺族の方、給付対象であるかどうか分からない、という方も、ご相談は何度でも無料です。

■ アディーレの「退職代行プラン」

■弁護士の交渉が一律50,000円(税抜)!
近年、ニュースなどで話題になることも多かった退職代行サービス。弁護士資格を持たないスタッフが退職代行を行う業者も多いですが、トラブル時の交渉などは、弁護士にしかできない業務です。弁護士資格のない退職代行業者は、会社から損害賠償を請求されたなどの場合に対応することができません。

アディーレの退職代行プランなら、万が一トラブルに発展しても会社としっかり交渉できるので安心です。また、弁護士であれば最終的に裁判を行ってでも決着をつけることができるので、会社が退職の申し入れを無視することは考えにくく、あなたの退職が実現しやすくなります。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/195156/img_195156_3.jpg


退職代行プランは一律50,000円(税抜)。
□追加料金はかかりません
□退職時まで、丁寧にサポートいたします



※退職後に会社からの損害賠償請求された場合など、法的トラブルの対応を依頼されたい場合には、別途費用が発生いたします。

■退職できなかった場合は全額返金。退職代行プランは「損なし宣言」!
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/195156/img_195156_5.jpg
雇用契約には、「期間の定めのないもの」と「期間の定めのあるもの」の2種類があります。「期間の定めのない雇用契約」については、原則退職可能ですのでご心配は不要です。
一方で、「期間の定めのある雇用契約」については、雇用期間が満了するまで,一方的には退職できない場合があります。もし、アディーレに退職代行をご依頼いただいたにもかかわらず退職できなかったという場合には、お支払いいただいた退職代行費用の全額をお返しいたします(※)。依頼者の方が弁護士費用について損をしてしまうことはございませんので、安心してご依頼ください。


※「退職できなかった場合」の内容は、「期間の定めのない雇用契約」で退職できなかった場合、もしくは「期間の定めのある雇用契約」で当初の契約期間満了以前に退職できなかった場合を指します。
※委任事務を終了するまでは契約を解除できます。この場合には、例外として成果がない場合にも解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用をお支払いただきます。


【弁護士法人アディーレ法律事務所】
2004年10月創立。東京弁護士会所属。代表社員:弁護士 鈴木淳巳(愛知県弁護士会所属)。アディーレとはラテン語で“身近な”の意味を持つ言葉で、「弁護士をより身近な存在に」という理念の下、債務整理・交通事故の被害・夫婦問題・労働トラブル・B型肝炎の給付金請求などの法律トラブルの解決にあたっています。相談実績55万人以上、弁護士135名以上、国内最多の全国69拠点を構えるまでに成長。更に2019年6月には “費用面での「保証事務所」として”、取扱事件全てに共通した着手金無料等の、利益・成果を超える報酬をいただかない(返還する)という“費用面での安心を提供する事務所”として生まれ変わり、弁護士業界の常識を打ち破るサービスを実行してまいりました。
日本最大級のネットワークを持つ法律事務所として各地域に根を張り、皆さまのご相談に対応しております。

また、「土日祝日も休まず朝10時から夜10時まで受付」や「ご相談は何度でも無料」をはじめ、「プライバシーマーク」の取得、「無料駐車場」の全拠点完備、「キッズスペース」の設置など、ご相談しやすい環境づくりに取り組んでおります。

※アディーレの相談実績、所属弁護士、拠点数は2019年10月時点。

[関連リンクURL]
https://www.adire.jp/
https://www.adire-asbestos.jp/
https://www.adire-roudou.jp/daikou/lp_1907_a.html




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング