~森永製菓の特許を使用した日本初の新商品!ギルトフリー和スイーツ!~ 宇治抹茶チョコ大福「エンゼルのほっぺ」10月9日(水)新発売!

@Press / 2019年10月8日 14時0分

川崎大師のおひざもとで67年間和菓子屋を営む菓子匠末広庵(本社:川崎市川崎区、代表取締役:三藤 哲也)では、川崎市と川崎信用金庫が連携する知財マッチングの取り組みを活用し、森永製菓株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:太田 栄二郎)が保有する体脂肪低減に係る開放特許技術(特許番号5783552)を使用した「宇治抹茶チョコ大福」を開発しました。菓子匠 末広庵全店で、宇治抹茶チョコ大福「エンゼルのほっぺ」を10月9日(水)に新発売いたします。ふわっと抹茶の香りがする宇治抹茶クリームと、ほんのりビターなチョコレート餡をふわふわの無添加・無加糖のお餅で包みました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195170/LL_img_195170_1.jpg
新発売「エンゼルのほっぺ」宇治抹茶チョコ大福

【開発経緯】
川崎市では、川崎信用金庫と連携した、地域活性化に向け、大企業の開放特許を活用した新事業展開を支援しています。川崎信用金庫を通じてプロジェクトをご紹介いただき、森永製菓の特許権のライセンスを使用した商品を、初めて菓子匠 末広庵にて開発致しました。ライセンス料については、森永製菓株式会社のエンゼル・スマイル・プロジェクトの主旨に株式会社スエヒロが賛同し、ライセンス料に代わり新商品の売上金の一部を「音楽のまち・かわさき推進協議会」へこども達の音楽鑑賞・演奏機会の創出のために寄付致します。


【新商品 宇治抹茶チョコ大福「エンゼルのほっぺ」について】
・末広庵の独自製法により、添加物や砂糖を加えず、冷凍解凍後でも美味しさや柔らかさが保たれた、ふわとろなお餅。この独自製法を利用して、大福OEMとしても様々な企業様から商品製造のご依頼をいただいております(大福OEM https://daifukuoem.com/ )

・森永製菓が保有する特許「体脂肪低減剤及び体脂肪低減食品」記載の特定の比率で配合された宇治抹茶クリームとチョコレート餡。

ふわっと抹茶の香りがする宇治抹茶クリームと、ほんのりビターなチョコレート餡をふわふわの無添加・無加糖のお餅で包みました。小さなお子様へのおやつや、甘いものが大好きだけど素材が気になる女性の方、洋菓子には抵抗があるけどスイーツが食べたい男性の方、ご年配の甘いものがお好きな方々にもおすすめの新作和スイーツです。


【商品詳細】
宇治抹茶チョコ大福「エンゼルのほっぺ」
販売価格 : おひとつ160円(税込)/6個入1,000円(税込)
販売期間 : 2019年10月9日(水)発売開始
外装サイズ : 6個入化粧箱 縦21cm×横7cm×高さ5cm
※サイズは目安となります
消費期限 : 冷凍60日/自然解凍後 冷蔵2日
保存方法 : 要冷凍(-18度以下)/解凍後は要冷蔵(10度以下)
原材料 : 小豆こし餡
(小豆、砂糖、水あめ、寒天加工品(麦芽糖、寒天)、食塩)、
もち米、乳等を主原料とする食品、チョコレート、砂糖、
抹茶、大豆、洋酒、食塩、(一部に乳成分・大豆を含む)
アレルゲン : 乳成分、大豆
販売店舗 : 菓子匠 末広庵 全店(本店、宮前店、江田店、すみれが丘店、
マルイファミリー溝口店、ラゾーナ川崎プラザ店、GINZASIX店)
通販サイトURL: https://www.suehiroan.jp/fs/suehiroan/wagashi/gd219


【菓子匠 末広庵とは】
菓子匠 末広庵は川崎大師のお膝もとで1952(昭和27)年に創業した和菓子店です。
創業より川崎大師にちなんだ数多くの商品を販売しており、最近では川崎市制80周年記念事業である「音楽のまち・かわさき」にちなんだ商品の販売もしております。創業の地である川崎への貢献、本物のおやつの味を多くの方へ届けたいという想い、そして新たな挑戦を込め、日々新たな価値創造を進めています。


◆会社概要
社名 : 株式会社スエヒロ
屋号 : 菓子匠 末広庵
代表者 : 三藤 哲也(ミトウ テツヤ)
所在地 : 神奈川県川崎市川崎区東田町3-16
TEL : 044-233-4658
FAX : 044-233-0614
URL : http://www.suehiroan.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング