野菜から出る腐敗ガスを吸着する「鮮度保持エッグ」 「+green(アンドグリーン)」ブランドから発売

@Press / 2019年10月30日 10時0分

株式会社ドウシシャ(大阪本社:大阪市中央区、代表取締役社長:野村 正幸)は、「家庭にも環境にもやさしく」をコンセプトにした新ブランド「+green(アンドグリーン)」を立ち上げ、野菜から出る腐敗ガスを吸着し野菜の鮮度を長持ちさせる「鮮度保持エッグ」を全国の量販店・専門店を通じて10月上旬に発売しました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195833/LL_img_195833_1.jpg
+green鮮度保持エッグ

URL: https://www.do-cooking.com/andgreen/index.html


■「+green(アンドグリーン)」とは
「+green(アンドグリーン)」は「家庭にも環境にもやさしく」をコンセプトに、製品を通して“誰でも簡単に始められるエコ”を目指すブランドです。

近年、「フードロス」という言葉が頻繁に聞かれるようなり、企業・法人レベルでの対応のみならず、個人レベルでの対応も求められるようになってきています。そんな情勢の中、フードロスの削減に貢献したいけれど「何をしたらいいか分からない」「どこから手をつけたらいいか分からない」という声が多く上がっています。そんな声に応え、フードロスの削減等に貢献するブランドとして「+green(アンドグリーン)」が立ち上がりました。


■「鮮度保持エッグ」の特長
「鮮度保持エッグ」は冷蔵庫に入れた野菜・果物の鮮度を長持ちさせるたまご型のエチレンガス吸着材です。

●使い方
冷蔵庫の野菜室に入れるだけで野菜の鮮度を長持ちさせます。野菜室用に設計されていますが、冷蔵室や常温(密閉できる容器)でも使用可能です。

●野菜の鮮度が長持ち
野菜・果物の多くは腐敗ガスを排出しています。鮮度保持エッグはそんな腐敗ガスを吸着・分解する触媒が入っており、青果物の新鮮さを長持ちさせます。

●ころっとかわいいたまご型
容器はたまご型で野菜・果物がたくさん入っている冷蔵庫に入れても自然と溶け込むデザインにしました。

●たまご型容器の素材にも配慮
たまご型容器には紙が40%配合されておりナチュラルな風合いを楽しめます。また、燃焼時には一般汎用プラスチックと比べ温室効果ガスの排出量を削減することができます。


【商品概要】
商品名 :+green(アンドグリーン) 鮮度保持エッグ
サイズ :(約)高さ67mm 直径50mm
交換目安 :約3~4ヶ月
希望小売価格:一個入 598円(税抜)
二個入 1,280円(税抜)


【会社概要】
商号 : 株式会社ドウシシャ
代表者: 代表取締役社長 野村 正幸
所在地: <大阪本社> 〒542-8525 大阪市中央区東心斎橋1-5-5
<東京本社> 〒108-8573 東京都港区高輪2-21-46
<東京本社第1ビル> 〒140-0011 東京都品川区東大井1-8-10
設立 : 1977年1月
資本金: 49億93百万円
URL : http://www.doshisha.co.jp/


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ドウシシャ お客様相談室
Tel:0120-104-481


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング