「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」フィルム部門 演技賞に草なぎ剛さん、香取慎吾さん、寺田心さん、樹木希林さん、リリー・フランキーさんの5名が決定!

@Press / 2019年10月16日 11時0分

一般社団法人 ACC(英文名:All Japan Confederation of Creativity、東京都港区、理事長:高田坦史)は、今年で開催59回目を迎えた「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」フィルム部門において、ユニークかつ秀逸な技術・技能を発揮した個人を対象としたクラフト賞の中で、最も優れた演技力を発揮した方に贈られる「演技賞」に、草なぎ剛さん、香取慎吾さん、寺田心さん、樹木希林さん、リリー・フランキーさんの5名が決定いたしました。


■2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 演技賞
http://www.acc-awards.com/festival/2019fes_result/craft.html

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195962/LL_img_195962_1.png
「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」演技賞受賞者

<各受賞者の出演作品>
●草なぎ剛さん(アンファー/アンファー・ミノキ兄弟2018/出会い篇 他3篇)
●香取慎吾さん(アンファー/アンファー・ミノキ兄弟2018/出会い篇 他3篇)
●寺田心さん(ブックオフコーポレーション/フィクションは本だけに店員篇 他1篇)
●樹木希林さん(富士フイルム/樹木さん2018年末特別篇)
●リリー・フランキーさん(UHA味覚糖/さけるグミ「2月男性」篇30秒 他6篇)

また、他クラフト賞の受賞者には、フィルム部門「アーティスト賞」にサカナクション(大塚製薬/カロリーメイト/考えつづける人)が、ラジオ&オーディオ広告部門「音楽賞」にエミ・マイヤーさん、「ナレーター賞」に町田康さん(いずれも、大日本除虫菊/G作家の小部屋シリーズ)などが選出されており、10月2日(水)に発表を行いました。


各部門の全入賞作品につきましては、「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」特設サイト( http://www.acc-awards.com/ )にてご確認ください。

なお、総務大臣賞/ACCグランプリをはじめとする入賞作品の贈賞式・記念パーティは、2019年11月1日(金)に東京・溜池のANAインターコンチネンタルホテル東京にて行われます。

今後も、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSでは、より多くの秀逸な作品を顕彰することで、さまざまな企業やクリエイターの日頃の取り組みに光を当てると共に、更なる日本のクリエイティビティの発展に貢献すべく努めてまいります。


【ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSとは】
「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年より開催されてきた広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、2017年よりその枠を大きく拡げ、あらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルしました。
名実ともに、日本最大級のアワードとして広く認知されており、総務大臣賞/ACCグランプリは、クリエイティブにたずさわる人々の大きな目標となっています。


【ACCとは】
一般社団法人 ACCは、よいCMの制作と放送の実現に寄与することを目的として、1960年に公益法人として設立。2013年に一般社団法人へと移行しました。
ACCは、広告主・広告会社・制作会社・メディアの4業種のメンバーを中心に構成され、業種の枠を超え、グローバルな視点から日本のクリエイティビティの発展に貢献すべく活動しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング