日本発製品の足掛かりへ ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場にR&D部門新設

@Press / 2019年10月23日 10時0分

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社(本社:東京、代表取締役:藤原 武志)は、局所麻酔針をはじめとする穿刺針の製造拠点である栃木工場(栃木県栃木市)に、このたびR&D(研究開発)部門を新設いたしました。
日本発の製品を世界に展開していくことを視野に入れた第一歩となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196474/LL_img_196474_1.jpg
ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場

ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場は、1987年に操業を開始。以来、主に局所麻酔領域の穿刺針を製造し、ビー・ブラウングループの各国の拠点に輸出してまいりました。2017年には新工場を建設し、世界の需要に対応する量産体制を敷いています。現在、グループの局所麻酔針の主要製造拠点として、世界で使われる約35%の局所麻酔針を製造しています。

近年、ドイツ本社R&Dとの共同開発プロジェクトも増え、開発分野においても実績を積む中、今回、長年の構想でもあったR&D部門の立ち上げとなりました。

ドイツ本社R&Dの社員も組織の一員として参加し、当面は本社と連携する中で製品の改良を中心に行います。その後、日本の医師からの提案などをグローバル製品に反映させる開発や改良を次の段階として定め、将来的には、栃木工場が開発から製造までを一貫して手掛ける「栃木ブランド」の製品を、世界で展開していくことを目指します。

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社は、ドイツと日本それぞれの発想や技術の長所を活かすことの出来る栃木工場R&D部門を通じ、日本と世界の医療に貢献していきたいと考えています。


【ビー・ブラウンエースクラップ株式会社とは】
ドイツ・ビー・ブラウングループの日本法人として、外科手術器械、縫合糸、整形外科治療材、麻酔科関連製品、輸液療法製品、創傷管理製品など幅広い診療科をカバーする製品を取り扱っています。海外製造拠点から製品を輸入・販売すると共に、栃木市の自社工場では特殊麻酔針を製造、国内及び海外のグループ会社へ供給しています。東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡の営業拠点に加え、東京・埼玉にディストリビューションセンターを置くサービス体制を敷いています。カスタマーやパートナーとの対話を通じ、日本そして世界の医療へ貢献することを目指します。1986年設立。2019年10月現在、従業員数は約510名。
Webサイト: https://www.bbraun.jp


【ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場とは】
ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場は、ビー・ブラウン社(ドイツ)の局所麻酔針製造拠点として、1987年より製造を開始しました。栃木市の精密加工会社の注射針製造工場をビー・ブラウン社が買収したもので、4名からスタートし、2019年10月現在約280名が従事しています。
ビー・ブラウングループの局所麻酔針の約80%は栃木工場で製造され、国内および海外100カ国以上に流通しています。現在、世界の局所麻酔針市場の約35%のシェアを占めています。
2009年には自動化システム導入のため新棟を建設。更に2017年に新工場が建設され、更なるニーズへ対応しています。
Webサイト: https://www.bbraun.jp/ja/company/production-plants-in-japan.html


<会社概要>
社名 :ビー・ブラウンエースクラップ株式会社
所在地 :〒113-0033 東京都文京区本郷2-38-16
工場 :〒328-0101 栃木県栃木市都賀町大柿285
営業所 :札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
代表者 :代表取締役 藤原 武志
事業内容:医療機器の製造販売・修理および輸出入


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング