熊本電力の卒FIT買取価格は業界最高値圏の12円~13円 消費税10%への増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業の適用認可 

@Press / 2019年10月24日 13時0分

熊本電力株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:竹元 一真、以下「熊本電力」) は、固定価格買取制度の終了するお客様の住宅用太陽光発電の卒FIT(余剰買取)価格を12円~13円という業界最高値圏に設定することになりました。そして、九州電力管内では2019年11月1日以降順次、東京電力管内では2020年1月1日以降に順次買取を開始いたします。
また、消費税増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業の適用も認可され、当社の電力料金をクレジットカードでお支払いのお客様へポイント還元することが可能となりました。


■住宅用太陽光発電の卒FIT(余剰買取)価格につきまして
熊本電力では以前より精査中でありました、「固定価格買取制度(FIT制度)」の買取期間が満了するお客様の2019年11月以降の住宅用太陽光発電の余剰買取価格が決定しましたことをお知らせします。具体的なサービスは下記の通りです。

【九州電力管内】
買取価格 :12円/kWh(税込)
買取開始日:2019年11月1日以降順次
契約期間 :最低契約期間1年間
対象地域 :九州電力エリア
買取条件 :熊本電力(おうち電気B・しごと電気C・低圧電力)とご契約の方
低圧かつ10KW未満の方
FIT買取期間満了の方
申込方法 :熊本電力のHPからのみの対応(電話での受付は行っておりません)

【東京電力管内】
買取価格 :13円/kWh(税込)
買取開始日:2020年1月1日以降順次
契約期間 :最低契約期間1年間
対象地域 :東京電力エリア
買取条件 :熊本電力(おうち電気B・しごと電気C・低圧電力)とご契約の方
低圧かつ10KW未満の方
FIT買取期間満了の方
申込方法 :熊本電力のHPからのみの対応(電話での受付は行っておりません)

※買取金額は月々供給する電気料金と相殺となります。

東京電力管内におきましては2020年1月からのご対応となります。今しばらくお待ちください。熊本電力では今後も電力供給100%再生可能エネルギー、電力の地産地消を実現および地域エネルギーの効率化を目指し今後も取り組んでまいります。


■キャッシュレス・消費者還元事業につきまして
この度、熊本電力は「キャッシュレス・消費者還元事業」に申請しまして、2019年10月21日からの適用認可がおりましたことをお知らせします。
キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月1日の消費税法改正が開始されて以降、需要平準化対策として国が展開している施策です。キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の9か月間に限り中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196821/LL_img_196821_1.png
キャッシュレス・消費者還元制度

■キャッシュレス・消費者還元事業の詳細につきまして
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196821/img_196821_2.png
キャッシュレス・消費者還元制度 詳細


■月間の電力供給量につきまして
8月度の需要家への月間電力供給量が初めて500万kWhを突破したことをお知らせいたします。昨年の8月比のYoYで約154.2%の増加となっております。
尚、半期売上高も約6億円となり、前年比の約2倍の売上高で推移し、今期2020年1月期の売上見込みは約20億円の見込みです。

日頃より皆様の大変なお力添えを賜りまして、心から感謝申し上げます。今後も電力の供給量の増加、環境価値の向上、地域に根付いた企業として、社員一丸となって業務に取り組んで参ります。引き続き熊本電力をよろしくお願い申し上げます。


■熊本電力株式会社 概要(2019年10月現在)
(1)商号 : 熊本電力株式会社
(2)主な事業内容: 電力の売買業務および売買の仲介業務
(3)設立年月日 : 2014年3月
(4)本店所在地 : 〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺6-36-9 県庁東門ビル4F
(5)代表者 : 代表取締役 竹元 一真
(6)資本の額 : 47,100,000円(資本準備金含む)
(7)URL : https://kumamoto-energy.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング