【新製品紹介】新型ペンタックストータルステーション 「R-500シリーズ」「V-500シリーズ」「V-280シリーズ」を発売

@Press / 2019年11月5日 10時0分

最先端技術を駆使したPENTAX計測機器の製造・販売を行うTIアサヒ株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:田中 秀彦)は、ご好評いただいておりますペンタックストータルステーションの現行機種である「R-400シリーズ」「V-400シリーズ」「V-270シリーズ」を全面的にリニューアル。現場でのさらなる使いやすさを追求した新機種として、「R-500シリーズ」「V-500シリーズ」「V-280シリーズ」を2019年12月3日より国内販売を開始いたします。

●ペンタックストータルステーションの現行機種を全面的に刷新
●新型EDM機構の採用により、測距性能を大幅に向上
●現場での使いやすさと作業効率を追求し、多彩な機能を搭載
●価格を抑えながらも機能面の充実を図り、高いコストパフォーマンスを実現


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/LL_img_197288_1.jpg
左からR-500シリーズ、V-500シリーズ、V-280シリーズ

【新機種の概要】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_2.png

トータルステーションとは
ストータルステーションは、測量や土木建築の現場に欠かせない計測機器です。内蔵の望遠鏡を覗いて任意の地点にピントを合わせることで、設置地点からの距離と角度を極めて高い精度で計測できます。もともと別々の機器であった距離を測る光波測距儀(EDM)と角度を測るセオドライトを一体化し、必要な計測データをトータルに取得できることから、「トータルステーション」と呼ばれています。


■主な特長
●新型EDM機構で、測距性能が大幅に向上
独自設計による新型のEDM機構を搭載。従来モデルと比べ、測距範囲、時間、精度の全てにおいて大幅な性能向上を実現しました。特にノンプリズム測距については、ピンポイントの可視光レーザを採用し、対象物の角付近の測定にも対応。測距範囲が拡大したことで、より幅広い現場でノンプリズムならではの利便性を生かした測量作業が可能になります。

【新機種と現行機種の測距性能比較】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_3.png

●使いやすいトリガーキー(R-500シリーズ、V-500シリーズ)
視準作業を行いながら測距ができるトリガーキー(測距キー)を採用。ペンタックストータルステーションを覗いたまま、素早く測定することができます。視準作業の多い杭打ちや現況測量などにおいて、作業効率の向上に貢献します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_4.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_5.jpg

●ひと目で移動方向が分かるガイドライト(R-500シリーズ、V-500シリーズ)
測設時に緑と赤の2色のLEDで移動方向を知らせるガイドライト機能を搭載。素早い測設を可能にします。

●より見やすくなった操作パネル
コントラストが高く、視認性に優れたホワイトバックライト液晶を採用。大きなグラフィック画面と簡単明瞭なプログラム設計により、現場での快適な操作性を実現します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_7.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_8.jpg

●ホットスワップ対応で、長時間駆動を実現
Li-ionバッテリが2個まで搭載可能。ホットスワップ対応で、観測中でも片方のバッテリを充電済みのものに交換できます。最大で約17時間の連続使用が可能です。
※EDM省エネ設定あり、30秒に1回測定において。

●Bluetoothを標準搭載(R-500シリーズ)
「R-500シリーズ」には、データの受け渡しなどに非常に便利なBluetoothクラス1を標準搭載しました。「V-500シリーズ」および「V-280シリーズ」は、オプション仕様でBluetoothの搭載が可能です。

標準搭載インターフェース:
Bluetoothクラス1(R-500シリーズのみ)、SDカードスロット、RS232Cポート、ミニUSBポート

●充実の応用機能で、多様な現場に対応可能
現行機種の応用機能を踏襲するとともに、新たに機械高測定機能を追加。「V-280シリーズ」には、土量計算などの際に便利な体積計算機能も搭載しました。

【新機種の機能一覧】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_9.png


■シリーズ構成(型名・仕様・本体標準価格)
【R-500シリーズ価格表】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_10.png

測距部 :ノンプリズム(600m)・反射シート・プリズム
座標メモリ:約60,000点
基盤部形式:着脱式(NSモデル)、シフト式(NScモデル)

【V-500シリーズ価格表】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_11.png

V-560Pc 測距部 :反射シート・プリズム
V-550NSc 測距部:ノンプリズム(500m)・反射シート・プリズム
座標メモリ :約60,000点
基盤部形式 :シフト式(両機種ともに)

【V-280シリーズ価格表】
https://www.atpress.ne.jp/releases/197288/img_197288_12.png

V-280Pc 測距部 :反射シート・プリズム
V-280NSc 測距部:ノンプリズム(300m)・反射シート・プリズム
座標メモリ :約60,000点
基盤部形式 :シフト式(両機種ともに)


■標準構成品
本体、インチプリズムセット(MPU26)、バッテリ(BP07)×2、本体用充電器(BC05)一式、調整工具一式、SDメモリーカード、背負いベルト付き収納ケース、レインカバー、取扱説明書、安全カード、ステッカー、保証書


※Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
※その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


■会社情報
【会社概要】
名称 :TIアサヒ株式会社
所在地 :埼玉県さいたま市岩槻区上野4-3-4
代表取締役:田中 秀彦

【TIアサヒのスローガン「実測主義」】
TIアサヒは、新たな企業スローガンとして、「実測主義」を策定しました。机上の理論値よりも、実測性能を追い求め、測量現場のニーズに真摯に応えること。それは、1933年の創業以来、実直なものづくり精神を受け継ぎながら、TIアサヒが追求してきた永遠のテーマです。
これまで、そして、これからも私たちは、ひたむきに「実測主義」です。


【本件に関するお問い合わせ先】
TIアサヒ株式会社 国内営業グループ
URL: http://www.pentaxsurveying.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング