シャワーの使用量25%削減(※)シャンプー&アウトバスヘアオイルで仕上げる “サスティナブルなシンプルケア”の新提案

@Press / 2019年12月10日 13時0分

「機能性と、使い心地や香りが融合した高付加価値コスメ」のOEM/ODM開発事業を展開するホシケミカルズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:星野 拓)は、昨今のサスティナビリティへの意識の高まりを受け、環境に配慮したヘアケア2品を開発し、受注を開始しました。

インバス(浴内)で使用するシャンプー「アミノ酸リッチシャンプー」と、アウトバス(浴外)で使用するオイル「ボタニカルヘアオイル」の2品で、理想のツヤ髪へと導くシンプルなケアです。シャンプーとトリートメントを使用する従来のお手入れと比べ、洗い流す水量が25%(約12リットル)削減(※)できるほか、プラスチック削減とお手入れ時間の短縮にも貢献します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200638/LL_img_200638_1.jpg
サスティナブルなシンプルケア

商品ページはこちら
https://www.starlab.co.jp/oem/item-list/cosmetics/amn-smp.html


■商品開発の背景
昨今、海洋プラスチック問題をはじめ、世界的に環境問題への取り組みが加速しています。化粧品の開発・製造を受託する当社では、商品企画、原料選定、処方開発、容器製造、パッケージング(包材)から、生産現場に至るまで、多方面での環境配慮に対する取り組みを進めています。
具体的には、紙資源の削減を目的とした簡易包装パッケージや、プラスチック使用量を削減できるガラスや陶器などの化粧品容器を採用しています。化粧品原料に関しては、洗顔料に配合されているスクラブ剤をマイクロプラスチックビーズから天然由来の顆粒に代替するなど、実績を重ねています。
今後さらに、“エコでサスティナブルな化粧品”へのニーズが高まると予測され、製品を使用する際の環境や剤型、使用方法も含めた広い視野での製品開発に着手しました。
当社では、シャンプーとトリートメントを使用する一般的なヘアケアに着目し、コンディショナーやトリートメントを使用しない、環境にやさしいお手入れ方法にたどり着きました。シャンプー1品仕上げは優秀なアウトバスの効果があればこそ成立します。


■サスティナブルなシンプルケアって?
入念なヘアケアを行う場合、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、アウトバストリートメントなど複数の段階が必要になりますが、今回開発したのは、シャンプーとアウトバスへアオイルの2ステップに凝縮したシンプルなお手入れ方法です。
コンディショナーやトリートメントの洗い流しが不要になるため、一度の洗髪で約12リットルの節水(従来の約25%削減)(※)が可能になります。さらに、トリートメント1アイテム分の「プラスチック容器の削減」、シャンプーのみでインバスケアが完了することから「時短」にも繋がります。

(※)流しっぱなしを想定した数値
シャンプーの洗い流し時間3分 (約36リットル)
トリートメントの洗い流し時間1分(約12リットル)

参考:「くらしと水道」東京都水道局
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html


■お手入れ手順
【STEP1】インバス(浴内)で使用「アミノ酸リッチシャンプー」
植物由来のアミノ酸系成分を通常の3倍(当社処方比較)以上配合した高濃度な「アミノ酸リッチシャンプー」で洗髪します。シャンプー後の毛髪の絡み・きしみを軽減する濃密ジェルから生まれるキメ細かな泡で、汚れを優しく除去しながら、頭皮と毛髪に潤いを与えます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/200638/LL_img_200638_2.jpg
アミノ酸系成分配合量の比較

商品ページはこちら
https://www.starlab.co.jp/oem/item-list/cosmetics/amn-smp.html

【STEP2】アウトバス(浴外)で使用「ボタニカルヘアオイル」
タオルドライ後に、ノンシリコーン処方のアウトバス「ボタニカルヘアオイル」を髪全体に塗布します。100%天然由来の独自処方により、これまでの天然系ヘアオイルの重さやベタつきが改善され、シリコーン配合製品と遜色ない櫛通りを実現しました。(当社処方比較)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/200638/LL_img_200638_3.jpg
コーミング(櫛通り)比較試験

商品ページはこちら
https://www.starlab.co.jp/oem/item-list/cosmetics/bnc-oil.html

本リリースで紹介した商品は法人様向け(BtoB提案)であり、弊社から一般ユーザーの方へ向けた販売は行っておりません。


【会社概要】
ホシケミカルズ株式会社( http://www.starlab.co.jp/ )
顧客メーカーより企画や製造を受託し化粧品を作るOEM/ODM(※)企業です。45期目を迎え、国内の生産拠点は4か所、インドネシアでは容器製造も手掛けます。平成27年、ヤマト運輸グループと連携し、那覇空港に隣接する「沖縄グローバルロジスティクスセンター」内に充填工場を開所。平成29年には、日本初(※)となる“化粧品保税工場”の承認を受け、平成30年に『ハラール』、翌年には『ECOCERT・COSMOS』という3つの認証を取得しました。他社にはない独自の枠組みを活用し、“Made in JAPAN化粧品”の輸出事業に力を入れています。

社名 :ホシケミカルズ株式会社
代表者 :代表取締役社長 星野 拓
設立 :1975年
本社 :東京都千代田区神田東松下町31-2
事業案内:1. 化粧品、医薬品、食品用原料の販売
2. 容器及び包装材料の企画、販売
3. 化粧品、医薬部外品、健康補助食品の企画、受託製造

(※)
OEM…Original Equipment Manufacturing:相手先ブランドの製品を製造すること
ODM…Original Design Manufacturing:相手先ブランドで製品の設計から製造まで行うこと

(※)当社調べ(平成29年7月時点、沖縄地区税関より)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング