重曹をベースに開発した衣料用洗濯洗剤「重曹プラス」を2020年3月23日から販売開始!

@Press / 2020年3月18日 12時0分

株式会社丹羽久(取締役社長:丹羽 誠)は、2020年3月23日、重曹から作った衣料用洗濯洗剤『重曹プラス』を新発売いたします。
「化学物質過敏症」や「香害」など、急速な環境の変化とともに消費者の自然派志向は高まる一方で、衣料用洗剤市場においては、自然派洗剤の普及が進まず、相変わらず合成洗剤が多数派を占めています。こうした現状をうけ、丹羽久は長くご愛顧いただいている「重曹」のちからに着目、今回自然派洗剤の決定版ともいえる「重曹プラス」発売する運びとなりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/205864/LL_img_205864_1.jpg
新製品「重曹プラス」

■開発のねらい
普通に使えて、しかも良く落ちる自然派洗剤
粉末せっけんは長きにわたって、安全性を重視する消費者を中心に親しまれていますが、自然志向・安全性志向が年々高まりを見せる割には、粉末せっけんの普及は進んでいないように思えます。むしろ、合成洗剤の勢いは衰えるどころかとどまるところを知りません。


■「せっけん挫折」という現実...
ネットで「せっけん挫折」という言葉をしばしば目にします。
肌トラブルを懸念し、せっけんの安全性に着目した消費者が、いろいろな工夫を凝らしながらせっけんで洗濯を続けていく、ところがやがて使うのをやめてしまった...。
「溶け残り」「洗剤投入口使えない」「洗濯槽のカビ」「ドラム式の洗濯機に使えない」「黄ばみ」などこうした問題点や使う上での面倒が重なり、心ならずもせっけんの使用を断念せざるを得ない状況へ...。これを「せっけん挫折」と呼ぶと言います。
私たちは、何とかしてこの状況を変えたいと考えました。


■「重曹」に着目
丹羽久が重曹を家庭用の洗浄剤として初めて世に送り出したのが16年前、以来「重曹のパイオニア」としてあらゆるシーンで重曹を使ったホームケアの提案を行ってきました。「お洗濯に使う」というのもその一つ。ただしそれはメインの洗剤の働きをサポートする「助剤」としてのものでした。重曹のチカラで、いつもの洗剤の代わりになりうる洗浄力を備え、また溶け残りの心配がなくいつも通りに使えて、しかも自然派の安全性を損なわない洗剤の開発に着手しました。そしてたどり着いたのがこの「重曹プラス」です。


■商品特徴
(1) アルカリ性の重曹が皮脂などの汚れに強い
(2) 消臭力のある重曹がニオイ汚れも落とす
(3) 4種の酵素を配合 頑固な汚れも分解
(4) 溶けやすい すすぎ一回でOK
(5) もちろんドラム式洗濯機にも使える


■詳細
(1) 商品名 :洗濯用重曹プラス
(2) 内容量 :600g(30回分)
(3) メーカー希望価格:598円(税抜き)
(4) 発売日/地域 :2020年3月23/全国
(5) 販売者 :株式会社丹羽久


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング