妊婦への感染拡大を防ぐため「通院しない」オンライン妊婦健診・診療をサポート

@Press / 2020年3月11日 16時30分

日本発のモバイル胎児モニターを開発・販売するメロディ・インターナショナル株式会社(香川県高松市、代表取締役:尾形 優子)は、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて北海道大学病院で開始された、家にいながら妊婦健診を受ける「オンライン妊婦健診・診療」への協力を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/207759/LL_img_207759_1.jpg
分娩監視装置iCTG

北大病院産科では妊婦健診・診療現場での感染リスクの低減を目指して、オンライン妊婦健診・診療が臨時対応として開始されました(期間未定)。その一部として、オンラインにて使用可能なモバイル型の胎児モニター「分娩監視装置iCTG(医療機器認証番号230AFBZX00024000)」を使い、妊婦健診の一検査項目である「NST(ノンストレステスト)*」を、在宅にて受診することが可能となります。
*赤ちゃんの心拍数推移とお母さんのおなかの張り(陣痛)を分娩監視装置により計測し、「赤ちゃんが元気かどうか」を診断するための検査

メロディ・インターナショナル株式会社は、北大病院と協力し、センサーと周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i(メロディ・アイ)」を貸与しています。
また、妊婦さんが自分でデバイスを取り付けるための「使い方ムービー」も公開し、北大病院のWebサイトにリンクが掲載されました。

日本では、出産のリスクを低減するために、産科医療施設の集約化が進められ、世界一低い周産期死亡率など、高いレベルの医療が提供されています。一方で、産科施設数は急激に減少しており、妊婦さんの通院が困難となっている地域も多くなってきています。また、ライフスタイルの変化などから高齢出産やリスク妊娠の割合も増加しております。メロディ・インターナショナル株式会社は、その様な状況をICTにより解決するために、医師・医療機関と共に様々なサービスを開発・提供しています。今回、妊婦さんが罹患リスクを伴う病院や通院のための公共交通機関を使う機会を少しでも減らすことに協力できることは、創業の理念に大きく関わっています。


【背景】
北海道大学病院は既に「ましゅうっこプロジェクト」として、北海道弟子屈町(てしかがちょう)を中心に、長距離通院の妊婦負担を軽減するために、産婦人科の常駐しない摩周厚生病院にて「周産期遠隔医療システム」の運用が開始されています。今回は、そのシステムを応用し、急遽北大病院の妊婦にて開始されました。

■モバイル胎児モニターiCTGを使った「周産期遠隔医療システム」が北海道・弟子屈地区にて運用開始。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000038603.html

今回、オンライン妊婦健診・診療で対応可能な妊婦さんへは、北大病院より外来やお電話で呼びかける形が取られているそうです。
その他、診察時間の短縮、必要なお薬の郵送、外来・病棟での医療者の感染防御の徹底に務めることで、感染拡大防止に務めるとのことです。

詳しくは以下、北海道大学病院「【臨時対応】オンライン診療」ページをご確認下さい。
https://www.hokudaibyouin-sanka.com/%E3%80%90%E8%87%A8%E6%99%82%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%91%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%A8%BA%E7%99%82/?fbclid=IwAR2eYkrtW3s7J3lo1mYGnZRgpRQ9iY_06PU3vGzb0KL7PPCvUfSNxp2nbxg

※在宅での分娩監視装置の使用は、医師の指導の下、関係省庁や医師法、薬機法に十分留意の上で実施して下さい。

■「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/000534254.pdf


【メロディ・インターナショナル株式会社のサービスついて】
・IoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」
国内初のIoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」は、胎児の心拍と妊婦さんのお腹の張りを、病院や自宅などで測ることができるデバイスです。妊婦さんのお腹にセンサーをあて計測すると、Bluetooth接続でスマートフォンやタブレットのアプリケーション内に結果が表示され、医師が診断に活用することができます。
2018年5月にクラスII医療機器の認証を取得した医科向けの医療機器で、医師により胎児の診断に使用することが可能です。

・周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」
「Melody i」は、妊婦さんが計測した結果をかかりつけ医師に送信でき、遠隔で医師から受診推奨などアドバイスを得ることができるコミュニケーションプラットフォームです。妊婦さんと医師との連携だけでなく、クリニックからNICUのある中核病院へのデータ連携も行うことも可能となっています。
これらの「分娩監視装置iCTG」&「Melody i」の活用により、遠隔で胎児の健康状態をモニターできて、分娩のタイミングなどを予測することが可能となり、国内外の妊婦さんがより安心・安全に出産できる環境を提供できます。


■その他のプレスリリース
・モバイル胎児モニターiCTGを使った「周産期遠隔医療システム」が北海道・弟子屈地区にて運用開始。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000038603.html

・「世界中の赤ちゃんとお母さんを見守るプラットフォームとIOT型胎児モニター」が「第8回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞」を受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000038603.html

・ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2019(厚生労働省)にて、メロディ・インターナショナルが「ベンチャーアワード」受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000038603.html

・BabyTech Award Japan 2019にてメロディ・インターナショナルの「分娩監視装置iCTG」「Melody i」が妊娠部門の大賞受賞!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000038603.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング