Atrustモバイルシンクライアントと連携!安全なテレワーク環境を実現~モバイルシンクライアント「Atrust mt182L」を利用し、仮想化環境でのEVE MA顔認証、指静脈認証を実現~

@Press / 2020年3月16日 16時0分

指紋認証を始めとした様々なセキュリティ・ソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:久保 統義、以下 DDS)は、多要素認証基盤「EVE MA」と、Atrust Japan株式会社(以下、Atrust)が取り扱うモバイルシンクライアント「Atrust mt182L」(以下、mt182L)との連携検証を完了し、モバイル環境におけるシンクライアント利用時の顔認証など確実な本人認証によるセキュリティ強化を両社で推進していくことを、本日発表いたします。

昨今、様々な理由から、在宅勤務など場所や時間帯にとらわれない柔軟な働き方を推進するテレワークの導入を検討する企業が急増しております。テレワークを取り入れるにあたって、課題であるセキュリティ強化を解決する手法のひとつとして注目されているのがデスクトップ仮想化です。
モバイルシンクライアントmt182Lと、利用者への可用性低減を最小限にセキュリティ強化が可能な多要素認証基盤「EVE MA」を連携させることで、テレワーク利用の端末へのなりすましによるログインを防ぎ、顧客情報などのユーザー資産の漏えい防止を実現いたします。
さらに、顔認証による常時監視により、労働基準監督署などからのガイドラインにも明記されている労働時間の担保にもお役立ていただけます。


【連携の詳細】
モバイルシンクライアント mt182LなどAtrustOSが動作している環境上で、VMware Horizonを利用した、Microsoft Windows 10 Proのログオンおよびロック解除にEVE MAの認証画面を適用することができます。また、Windows上で動作する業務アプリケーションのログイン画面をEVE MA IDマネージャーに登録することで、業務アプリケーションのログイン画面に、EVE MAの認証画面を適用することができます。
EVE MAを適用後は、これまで手入力していたID・パスワードをEVE MAおよびEVE MA IDマネージャーが代行入力するため、ユーザーは、mt182LにUSB接続したウェブカメラ、株式会社モフィリア製の指静脈認証ユニット「FVA-U3SX」、Advanced Card Systems Ltd.(ACS社)製のカードリーダー「ACR1252U」、「ACR1251U」を利用してEVE MAの認証を行うことができます。これにより、確実な本人確認によるWindowsログオンとロック解除、各アプリケーションへのログインができるようになり、セキュリティ強度の高い運用が簡単に実現可能となります。

* EVE MA IDマネージャー:WebアプリケーションやWindowsアプリケーションへのログインを自動で行うシステム。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/207813/LL_img_207813_1.png
連携イメージ(Windowsログオン認証時)


【本連携に関するAtrust様からのコメント】
Atrustは、株式会社ディー・ディー・エス様の相互検証の発表を心より歓迎いたします。
これからは働き方が変わり、いつでもどこでも仕事が可能となってきています。
「EVE MA」認証と弊社のシンクライアント製品の組み合わせにより、仮想環境のセキュリティ強化において、より多くのお客さまのお役に立てることと期待しております。

Atrust Japan株式会社
General Manager
Sophia Lin


≪製品概要≫
【多要素認証基盤 EVE MAについて】
「EVE MA(イブ エムエー)」は、各種システムに対するパスワードでの本人認証を生体(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)、ICカード(FeliCa、MIFARE、マイナンバーカード)、パスワードを用いた多要素認証方式に置き換える認証基盤です。Active Directoryとのシームレスな連携で組織・グループに対する柔軟な設定を可能とし、エンタープライズシステムの認証基盤における自在な設定を可能にします。
(ホームページ: https://www.dds.co.jp/ja/product/3199/ )

【mt182Lについて】
Atrust mt182Lは、x86ベースのモバイルシンクライアントです。モバイルワーカーに高いセキュリティと優れたプラットフォームを提供します。mt182Lは、高性能Intel(R)Braswell Quad Core プロセッサーと2GB DRAM/8GBフラッシュメモリーを搭載し、802.11ac/a/b/g/n 高速ワイヤレスLANをサポート。14インチLEDディスプレイにより、優れたビジュアルエクスペリエンスを提供します。モバイルシンクライアントmt182Lにより、いつでも何処でも簡単にクラウドやリモートデスクトップにアクセスすることができます。
(ホームページ: https://www.atrustcorp.com/product/index/path/120_121/id/148/language/ja_jp.html#ad-image-0 )


≪株式会社ディー・ディー・エスについて≫
DDSは、指紋認証ソリューションのリーディングカンパニーとして創業以来、産学連携による技術開発に積極的に取り組んでおります。多様化する情報セキュリティ・ソリューション・ニーズに対応可能な「万能認証基盤 Themis」、「多要素認証基盤 EVE MA」および「二要素認証基盤 EVE FA」を始めとする情報セキュリティ製品の開発・販売を行っております。
2014年4月、オンライン認証の標準化団体であるFIDO(Fast IDentity Online)アライアンスに、国内企業として初めて加入。2015年10月に、FIDO認定製品である指紋認証デバイス“magatama(R)”を発表、2017年5月より、生体認証を活用した認証システムの構築を実現する「マガタマプラットフォーム」を提供、本人認証の世界を広げる新しい認証サービスの普及に努めております。また、ブロックチェーン技術の認証系市場での活用研究も進めております。
(ホームページ: https://www.dds.co.jp/ja/ )


≪Atrustについて≫
2007年創立。本社台湾桃園市。Atrustはシンクライアント、ゼロクライアント、サーバー及びマネジメントソフトウェアの設計製造を行っております。Atrustの目的は、高品質、高効率そして環境に優しい製品、及び包括的なソリューションを顧客に提供することです。厳しい設計プロセス及び品質管理システムを通して、Atrustは高品質の製品を提供いたします。また、Atrustは当社のパートナーやお客様に合わせたソリューションを提供しています。
(ホームページ: https://www.atrustcorp.com/site/index/language/ja_jp.html )


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ディー・ディー・エス
営業本部 販売促進部 販売促進課
電話 : 03-3272-7900
Email: sales@dds.co.jp

Atrust Japan株式会社
電話 : 03-6809-4736
Email: sales-jp@atrustcorp.com


※プレスリリースに記載されているVMwareおよびHorizonは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
※プレスリリースに記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング