新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている今、世界のハープ奏者による癒しの「ハープ演奏」を銀座十字屋公式YouTubeにて期間限定で無料配信!「Harp Aid(ハープエイド)プロジェクト」始動

@Press / 2020年3月13日 14時0分

日本初の西洋楽器店で、創業145年の株式会社銀座十字屋(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:倉田恭伸)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、コンサートをはじめとするイベントの相次ぐ中止を受け「Harp Aid(ハープエイド)プロジェクト」を立ち上げました。
本プロジェクトは、世界のハープ奏者たちに「演奏動画配信」の参加を呼びかけ実現したもので、先の見えない混沌とした状況の中、少しでも勇気を与えたいと、現在も各国のハープ奏者から動画コンテンツが集まっています。
集まったコンテンツは期間限定で銀座十字屋公式サイト、ならびに銀座十字屋YouTube公式チャンネルで随時配信・公開します。


▼世界のハープ奏者達による演奏動画を配信
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/208046/LL_img_208046_1.png
アメリカ在住のレット・バーンウェル氏によるハープ演奏動画
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/208046/LL_img_208046_2.png
日本在住の村上淳志氏によるハープ演奏動画

■関連URL
・銀座十字屋 公式サイト https://www.ginzajujiya.com/
・銀座十字屋YouTube公式チャンネル https://www.youtube.com/user/jujiyacojp


■動画コンテンツ出演者 ※これから公開予定の出演者も含まれています。
レット・バーンウェル(ハープ奏者、作曲家/アメリカ在住)
村上淳志(ハープ奏者/日本在住)
ファビウス・コンスタブル(ケルティックハープ奏者/イタリア在住)
古佐小基史(ジャズハープ奏者/アメリカ在住)
SANAE(ハープ奏者/日本在住)
ヴィクトール・ハルトバヌ(ハープ奏者/オーストリア在住)
ほか


■銀座十字屋について
明治7年に銀座に創業。日本初の西洋楽器店で現在は日本にハープを普及するために演奏会の企画、ハープの販売、教室運営、全国のハープ奏者・指導者の支援を行っています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング