【夫婦のへそくり事情を徹底調査!】月にこれだけへそくりしているの?調査の結果明らかになった最近のへそくり事情とは…

@Press / 2020年3月24日 14時0分

突然ですが、夫婦間で「隠し事」していますか?
思わずドキッとした方もいるのでは…!?

ドキッとした方も、していない方も夫婦間の隠し事と聞いて何をイメージしますか?

身近で代表的な隠し事といえば、へそくりが挙げられますよね。
へそくりとはパートナーに内緒で貯めているお金のことを言います。

では、簡単にお小遣い稼ぎができるツールが増えている時代で、夫婦はどのようにしていくらぐらいへそくりをしているのでしょうか。

そこで今回、グローバル・ロイズ株式会社( https://global-lloyds.co.jp/)は全国20歳以上の既婚男女を対象に、へそくり事情に関する実態調査を行いました。

■ 月『1万円以上』をへそくりに!

まず、月にどのくらいへそくりしているのか、伺っていきたいと思います。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/208873/img_208873_1.png

「月にいくらへそくりをしていますか?」と質問したところ、『1万円以上(36.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『3,001円~5,000円(17.3%)』『1円~1,000円(16.1%)』『1,001円~3,000円(13.3%)』『5,001円~7,000円(8.8%)』と続きました。

月に1万円以上へそくりをしている方が最も多い結果となりました。
年間にすると12万円以上のへそくりをしているようです。

では、一体いつからパートナーに隠れてへそくりをするようになったのでしょうか?

「へそくりをいつから始めましたか?」と質問したところ、『付き合う前から貯金をしていた(38.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『最近始めた(30.3%)』『結婚当初から(25.0%)』『恋人時代から(5.3%)』と続きました。

パートナーと出会う前から貯金していたのが、結婚後へそくりに変わったことが予想されます。
最近始めたという方は、将来への備えとして始めたのかもしれません。

そもそもへそくりを始めた理由とは何が挙げられるのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■へそくりを始めた理由とは…!?
・「必要な時に使えるようにしておきたいから」(20代/女性)
・「子どもが生まれたので、将来の子どものための貯金として」(30代/女性)
・「旅行や外食など自分の好きなことに使いたいから」(40代/女性)
・「冠婚葬祭や入院通院などの急な出費に備えて」(40代/女性)
・「仕事の付き合いや、趣味にかけるお金のストックのため」(40代/男性)

などの回答が寄せられました。


■ 夫婦のへそくり事情を調査!●割以上がパートナーのへそくりを見抜いてる!?

へそくりをしている夫婦は、どこにへそくりを隠しているのでしょうか。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/208873/img_208873_2.png

「へそくりをどこに隠していますか?」と質問したところ、『銀行の個人口座(66.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『棚の中(14.7%)』『机の引き出しの中(10.6%)』『本の間(1.8%)』と続きました。

へそくりは「タンス預金」とも呼ばれるため、皆さんのなかにはへそくりは家に隠しているお金というイメージを浮かべていた方も多いのではないでしょうか?

しかし今では、6割以上の方は、銀行の個人口座の中にへそくりをしており、家の中でへそくりをしている方は3割未満であると判明しました。

最近のへそくりの隠し場所事情が判明しましたが、それらのへそくりはパートナーの方は見抜いているのでしょうか?

そこで、「パートナーのへそくりを見抜いていますか?」と質問したところ、3割近くの方が『見抜いている(17.5%)』『見つけたことがある(10.3%)』とへそくりを見抜いているまたは見つけたと回答しました。

自身は、バレずに隠せていると思っていても、実はパートナーに気づかれているようです。

夫婦間での「隠し事」は、できればしないほうが吉かもしれません。

■ へそくりのためにしていることとは?

ここまでの調査で、夫婦のへそくり事情が明らかになりました。
では、へそくりをしている方は、へそくりのために何か特別なことをしているのでしょうか?

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/208873/img_208873_3.png

「へそくりのためにしていることはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『フリマアプリ・買取(38.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『SNS・YouTube(10.2%)』『ブログ(5.2%)』『FX(4.5%)』『転売・セドリ(4.4%)』と続きました。
身の回りにある不要な物を売って、へそくりにしているようです。

その他の回答として、『ポイントサイト』や『不動産や株式などの投資』といった回答が目立ちました。

へそくりのためにしていることで、「実際に儲かった!」という経験はあるのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■意外とへそくり作れました…!
・「昔のCDを売ったら意外と高値が付いた」(30代/女性)
・「コツコツとアンケートアプリをやる」(30代/男性)
・「所有している株が跳ね上がった」(40代/男性)
・「不要になった衣類や家具をフリマアプリで売却し、片付けと儲けが一度に出来た」(50代/女性)
・「古い漫画本を売ったら初版だったため、30万円で売れた!」(50代/男性)

などの回答が寄せられました。

コツコツと積み重ねている方もいれば、不要になった物を売ったら高値がついたという方もいるようです。

今回の調査で、夫婦のへそくり事情が明らかになりました。

へそくりはパートナーに秘密の隠し事のはずですが、意外にも見抜いている夫婦の方がいるようです。

また、へそくりのために、不要な物を売ったり、コツコツとポイントを増やしたりしてへそくりを作っていることが判明しました。

せっかくへそくりしているのなら、賢い方法でどんどん増やしていきたいのではないでしょうか?
十分なへそくりができれば、もし何かが起きた際にきっと役立つ資金になるはずです。

■ グローバル・ロイズ株式会社

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/208873/img_208873_4.png

グローバル・ロイズ株式会社( https://global-lloyds.co.jp/)は、投資初心者の方でも安心して利用できる 「カンタンでシンプル」をモットーにした FX専用のツールを開発・提供しています。

投資先進国と言われる欧米諸国と比べて、 日本はお金の教育を十分に受けていません。
そのため、お金の悩みがあっても、それを解消する方法が分からないのです。

近年「定年制の廃止」「人工知能(AI)の発達」「老後2,000万円問題」などが数多くのメディアで取り上げられていますが、経済的な不安というのは、これからも増え続けていくと思います。

このまま何もしなければ、資産を増やす機会を失うだけでしょう。

そうならないためにも、「お金の知識」を身に付け、将来に向けて資産を形成していかなくてはならないのです。
そこで真っ先に思い浮かぶのが「投資」です。

そして、そのなかでも、個人投資家としての一歩をスタートさせるための手段として、
もっとも安全かつ効率的なものが「FX」といわれています。

「FX」には、
・少額資金からの運用が可能
・所得税率だから、どれだけ稼いでも節税できる
・24時間、いつでもどこでも取引ができる
・自分でリスクをコントロールできる
という、4つの特徴があります。

そんなFXで豊かになってもらいたいという思いから
弊社では、誰でもカンタンに扱える「FXツール」の提供を推進しています。
お金のことで悩んでいる方は、ぜひ弊社のサービスをお試しください。

■グローバル・ロイズ株式会社: https://global-lloyds.co.jp/
■所在地:東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル801
■お問い合わせ: https://global-lloyds.co.jp/contact/


調査概要:へそくり事情に関する実態調査
【調査日】2020年3月6日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,054人
【調査対象】全国20歳以上の既婚男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング