旅人への恩返しに!最年長92歳の沖縄・久米島の盆踊りサークルが、「ぬちぐすい」動画を発信

@Press / 2020年3月31日 15時0分

沖縄県・一般社団法人久米島町観光協会は、この度平均年齢75歳の地元盆踊りサークル「久米島レク愛好会」出演の動画を制作しました。同会は、部員が30名。最年長は92歳、最年少でも65歳というパワフルな女性達です。数々の苦難を笑顔で乗り越えてきた、人生の大先輩である彼女達の笑顔で、久米島から日本全国に元気を発信したいという思いが込められています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209523/LL_img_209523_1.jpg
平均年齢75歳のパワー

「ぬちぐすい」動画: https://youtu.be/XTZQN5NzMqU

今回のプロジェクトは、一般社団法人日本盆踊り協会(本社:東京都豊島区、代表:矢島 友幸)のコラボレーション企画として実現。同協会は、全国の盆踊りの文化の普及・発展を目的に活動しています。顧問でもある鳳蝶美成(あげはびじょう)は、盆踊り界の第一人者でもあり、CMやTV出演などでも活躍。そして鳳蝶美成との競演が、この動画で実現しました。

おばあちゃんと孫程の年齢差ある、この全く新しいコラボレーションによって、盆踊りを通じた新しい久米島の魅力を発信しています。
コロナの影響で、外出できない人も多いはず。盆踊りは、最近では認知症予防にも効果があるといわれ、健康的にも注目されてきています。自宅で一緒に踊りながら、美しい久米島の映像と共にお届けする新しい盆踊り動画を、これからシリーズで配信していく予定です。

ぬちぐすいは沖縄の方言で、ぬちは「命」、ぐすいは「薬」。沖縄の人の笑顔や美しい自然によって、心と体が元気になるような「命の薬」の意味があります。
これまでたくさんの方に足を運んで頂いた恩返しに、久米島から少しでも「ぬちぐすい」動画を届けたい!


〇一般社団法人日本盆踊り協会( https://bon-odori.net )について
全国の盆踊り及び盆取り文化の普及・発展を目的に活動。地域の活性化と世代間のコミュニティの拡大寄与を目指す。各地の盆踊り大会の企画・運営サポートの他、企業・店舗向け「出張盆踊り」やインバウンド向け「盆踊り居酒屋」( https://bon-odori.net/izakaya/ja/ )」、シニア向け「健康盆踊り動画」等、様々な企画を推進中。


〇鳳蝶美成(あげはびじょう)プロフィール
公益財団法人日本民謡協会教授/日本民踊・新舞踊協会指導員/日本民踊鳳蝶琉家元師範/一般社団法人日本盆踊り協会顧問
6歳より母である石川流教授(当時)千桧香に民踊舞踊を習う。以後高校より演劇をはじめ、CM/TV出演と多方面に活躍。日本大学芸術学部卒。

メディア出演:テレビ朝日「タモリ倶楽部」「ミュージックステーション」/TBSテレビ「はなまるマーケット」/テレビ東京「WBS」/フジテレビ「めざにゅ~」/日本テレビ「ズムサタ~ジャスト!!日本」他多数

振り付け・指導:auCM「三太郎音頭」/TRF「EZ DO DANCE」/高橋洋子「残酷な天使のテーゼMATSURI SPIRIT」/サマージャンボCM協力他多数


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング