名古屋市内8区の市立小学校133校を対象とした「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業を名古屋市から受託いたしました

@Press / 2020年6月15日 13時0分

「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業
リーフラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 清隆、以下 リーフラス)は、2020年6月10日に名古屋市内8区の市立小学校133校の、小学4年生から6年生までの参加を希望する児童を対象とした「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」において、指導者確保・運営事業を受託いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/215702/LL_img_215702_1.png
「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業

■「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業概要
「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業は、9月から名古屋市内8区の市立小学校133校において、小学校4年生から6年生までの参加を希望する児童を対象とした、火曜日から金曜日の放課後に行われるスポーツや音楽等の活動を行う事業です。軟式野球、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、合唱・器楽等の種目を実施します。


■「なごや部活動人材バンク」に関して
「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」事業の実施にあたり、スポーツ・音楽の指導や児童の活動の支援を行っていただける方の募集、研修を行う「なごや部活動人材バンク」の運営について、リーフラスが受託しました。大学、専門学校、地域の方等に対して働きかけを行い、2020年8月末時点において650名の軟式野球、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、合唱・器楽等の指導者の登録者数を目標に募集します。
また、指導者となる方に対する安全管理や指導法の研修を実施します。登録につきましては、6月15日より公開を開始します「なごや部活動人材バンク」のウェブサイト( https://jinzaibank-nagoya.jp )をご利用いただくか、コールセンター(フリーダイヤル0120-691-616)までお問い合わせください。


■「名古屋市立小学校における新たな運動・文化活動」に関して
対象児童に対し、リーフラスの豊富な子どもたちへの指導実績に基づいたノウハウを強みとした質の高い運動・文化教育を提供出来るカリキュラムを指導者向けに用意し、児童ひとりひとりに寄り添えるリソースを各小学校に提供いたします。


■リーフラスについて
地域の課題を捉えたソーシャルビジネスを永続的に行うことにより、地域を、そして日本を変えていく。リーフラスは、創業から一貫した想いを持ち続けながら活動しております。

【事業内容】
スポーツスクール事業
イベント事業
コマース事業
アライアンス事業
運動部活動支援事業
地域共動事業
ヘルスケア事業
イノベーションプロデュース事業


【会社概要】
社名 :リーフラス株式会社(英文社名:LEIFRAS CO.,LTD.)
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー27階
設立年月日:2001年8月28日
代表者 :代表取締役 伊藤 清隆
従業員数 :785名
資本金 :1億2,500万円(資本準備金含む)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング