不正アクセスやPCの盗難・紛失による情報漏洩・喪失を防止!テレワークを安全・手軽に利用するためのソリューション「X3Secure for RDP」2020年6月22日(月)よりサービス開始

@Press / 2020年6月22日 10時0分

X3Secure for RDP
パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区神田小川町3-26-8、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、リモートデスクトップサービスを手軽に、安心して利用するためのサブスクリプション型統合セキュリティ・ソリューション「X3Secure for RDP(トリプルセキュア・フォー・アールディーピー)」を、2020年6月22日(月)よりサービス開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216254/LL_img_216254_1.jpg
X3Secure for RDP

●X3Secure for RDP 公式サイトURL: https://x3secure.com/

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業においてはオフィス以外で業務を行う「テレワーク」の導入が急速に進みました。しかし、その一方で、オフィスのPCへの不正アクセスを試みる動きも増加しており、警視庁はサイバー犯罪の危険性が高まっているとして注意を呼びかけています。
このような状況を受けて、セキュリティソフト開発・販売のパスロジは、リモートデスクトップの利用者に向けて、高度な二要素・二経路認証を手軽に導入することができるサブスクリプション型・統合セキュリティサービス「X3Secure for RDP」を開発、サービスを開始いたしました。


■「X3Secure for RDP」の概要
「Microsoft Windows 10」のリモートデスクトップ機能を利用する時に懸念される、外部からの不正アクセスを「二要素・二経路認証」で完全にシャットアウトします。
導入は、リモート先のPCとスマートフォンにアプリケーションをインストールして設定するだけ。専用のサーバーや特別なネットワークの構築は必要ありません。インターネット環境とスマートフォンさえあれば、簡単に導入可能。機密情報を持ち歩かずに、テレワークを行う中小企業や個人の事業者に最適のソリューションです。
費用はサブスクリプション方式で、月額300円(税別)。また、利用開始から次の月末までは無料でご利用いただけます。


■「X3Secure for RDP」を構成する3つのセキュリティ技術
【その1】パスワードは1時間ごとに自動生成
リモート先のPCが求めるパスワードを、X3Secure for RDPシステムが自動的に生成し、ユーザーの手元のスマホアプリ「PassClip」に表示します。生成は1時間ごとに行われるので、リアルタイムに監視されていない限り、破られることはありません。

【その2】パスワードは「ビンゴ型表示」(図1参照)
パスワードは、手元のスマホアプリに、タテ5個、横5個に並んだビンゴカードのような25個のマス目の中に表示されます。ここからユーザーがあらかじめ設定しておいた「パターン」に沿って、毎回のパスワードを読み解き入力します。もし、パスワード表示画面を他人に見られたとしても、パターンを知られていなければ、パスワードを知られることはありません。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/216254/LL_img_216254_2.jpg
X3Secure for RDPの仕組み 図1

【その3】ユーザーが許可したタイミングのみログイン可能(図2参照)
ユーザーはログインする時にスマホアプリを起動します。その時にスマホアプリとリモート先のPCがX3Secureサーバーを経由して通信します。この通信が行われてから60秒間だけ、リモート先のPCへのログインが可能となります。この通信経路と、手元のPCとリモート先PCで行われる通信経路は別経路となるので、二経路認証が成立します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/216254/LL_img_216254_3.jpg
X3Secure for RDPの仕組み 図2

これらの3つの技術により、本来のユーザー以外が不正にアクセスすることは理論上不可能です。また、「推測されやすい単語や数字を使ったパスワード」や「パスワード使いまわし」のリスクから解放されると共に、パスワードそのものを覚える必要もなくなります。


■想定するターゲット層
・テレワークのセキュリティ対策に悩む中小企業・個人事業主
・リモートデスクトップとスマホの業務利用は進んでいるが、セキュリティ対策コストが高い企業
・情報漏洩やPC紛失などへのリスク対策を考える個人のWindows PCユーザー


■今後の展開
このたびの日本国内でのサービスを皮切りに、同様のニーズが高まる海外に向けて、サービス開始の準備を進めています。グローバル市場における10,000ユーザー獲得を目指します。


■パスロジ株式会社について
パスロジ株式会社は2000年の設立より、IT社会において日常的に行われる「ログイン」、「サインイン」といった作業「本人認証」について研究開発を行っているベンチャー企業です。日本において31件、世界各国では合計97件の特許を取得しております。(2020年6月時点)
主力製品の「PassLogic(パスロジック)」は、主にリモートワークに利用される認証セキュリティシステムです。その「専用のデバイスを使わないワンタイムパスワード」という独特な機能は、安全性と可用性に優れ、導入・運用コストを抑える特徴を持ち、政府機関や、規模を問わず多くの企業に採用されています。新型コロナウイルス感染症対策によるテレワーク導入拡大にも迅速に対応し、2020年3月にはユーザー数123万件を突破いたしました。

●パスロジ会社案内ページ: https://www.passlogy.com/corporate/


【パスロジ株式会社 概要】
社名 : パスロジ株式会社(Passlogy Co., Ltd.)
代表取締役社長: 小川 秀治
設立 : 2000年2月24日
資本金 : 1億円
上場区分 : 東京証券取引所 TOKYO PRO Market(証券コード4426)
所在地 : 東京都千代田区神田小川町3-26-8 ユニゾ神田小川町三丁目ビル
業務内容 : セキュリティソフトウェア開発販売
Webサイト : https://www.passlogy.com/
主要製品 : PassLogic、PassClip


※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている商品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

X3Secure for RDPの仕組み 図1 X3Secure for RDPの仕組み 図2

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング