電子書店とリアル書店が協力「めちゃ本屋さん」第4弾を開催

@Press / 2020年7月3日 10時40分



 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原 教博) の連結子会社で、電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を運営する株式会社アムタス(東京都渋谷区 代表取締役社長 山下 正樹)は、出版取次大手の株式会社トーハン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 近藤 敏貴)、日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 奥村 景二、略称:日販)との3社共同で「めちゃコミック」で人気の作品を町の書店約1,300店舗で紹介するフェア「めちゃ本屋さん」を7月3日より開始しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/eeWIa6SH0di0w8izZFJs.png


背景・目的


 「めちゃ本屋さん」は書店の売り上げ増に貢献するなど好評で、今回で4度目の開催となります。電子書店とリアル書店が協力してマンガ業界を盛り上げることを目的とした取り組みです。


「めちゃ本屋さん」第4弾の内容


 展開書店で対象コミックを購入した方には、フェアのイメージキャラクターを務める人気声優・梶裕貴さんと小林愛香さんの写真・直筆コメント入りのオリジナルノートを特典としてプレゼントします。開催店舗のうち10店舗では、2人のボイス付き大型パネルを設置します。
また、限定デザインの図書カード1,000円分が当たるTwitterキャンペーンも実施します。
■対象店舗:全国の約1,300書店
■フェア対象作品: 「お嬢と番犬くん」(はつはる/講談社)、「駆除人」(浅川圭司・花黒子・KT2/KADOKAWA)、「新しい上司はド天然」(いちかわ暖/秋田書店)、「極主夫道」(おおのこうすけ/新潮社)、「酒と恋には酔って然るべき」(はるこ・江口まゆみ/秋田書店)、「セブンティウイザン」(タイム涼介/新潮社)
■キャンペーン詳細URL: https://sp.comics.mecha.cc/events/mecha_honya


今後の展開


 今後も電子書店とリアル書店がタッグを組むコミックのプロモーション施策「めちゃ本屋さん」の取り組みを継続・拡大するとともに、さまざまな機会を通じて出版社や書店、出版取次事業者とも協力し、コミック市場の発展に貢献してまいります。


「めちゃコミック」について


 「めちゃコミック」は、2006年よりサービスを開始した国内最大級の電子コミック配信サービスです。出版社50社以上と協業し、他社に先駆けて提供する独占先行配信作品や、累計作品数1,000タイトルを超えるオリジナルコミックが人気で、無料会員と有料会員を合わせた総会員数は1,170万人(2020年3月末時点)となっています。


インフォコムグループについて


 インフォコムグループは、医療機関や一般企業向けに情報システムを提供するITサービス事業と、一般消費者向けに電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を提供するネットビジネス事業を展開しています。 
[インフォコム株式会社] 代表取締役社長 竹原 教博、1983年設立、東証一部
連結売上高517億円、連結従業員数1,082名(2019年3月期)
https://www.infocom.co.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング