FXで勝つのに「知識」と「時間」はいらない。賢いトレードをしよう!

@Press / 2020年7月3日 10時0分



画像 : https://newscast.jp/attachments/X8EYwiSwBDJ1VIIdcnyM.jpg


初心者でも運用者が増えてきているFX。
なぜ初心者が増えてきているかというと、シストレや自動売買システムというツールが誕生したからであり、
FXのシストレ(自動売買システム)を取り巻く環境は、ここにきて日を追うごとに進化のスピードを速めています。
為替差益を狙うFXとシストレの相性は抜群で、FX各社やシステムベンダーは、こぞってシストレサービスの提供や個別の売買システムを販売しています。
これらのサービスはプロではなく個人投資家向けのものが多く、使い方も簡単。
そのためビギナーからエキスパートまで、あらゆる層のFXトレーダーたちから人気を得ています。


自動売買システムとはどのようなものなのか?


画像 : https://newscast.jp/attachments/TM73qEliw7bYbFYet8WH.jpg


システムに組み込まれているロジックを基にチャートの分析を行い、利益の出やすいタイミングで売買を行い、上記の内容をシステムが自動的に行ってくれるため、主婦や学生でもトレードを行う事ができるようになっています。
また、自分で分析や取引を行わないため、「知識」や「時間」が要らないことも特徴の一つと言えます。
あるルールを決めて、それを忠実に守って取引することがあれば、他の投資家がメール等で配信する売買シグナルに沿って取引するのもシストレの一種で、ローソク足やテクニカルチャートから売買シグナルを導き出し、サインが発生すればチャート上に表示させる、さらにはその売買サインに沿って自動的に取引を行う「自動売買」は、シストレの最新系と言えるでしょう。
シストレは、多額の資金を運用する機関投資家の間ではメジャーな手段で、為替のみならず、株や先物でも実践されてきました。
個人投資家であっても自身でロジックを考えたり、投資のプロが作った売買システムを購入してシストレを行うというケースは、少なからず以前からあったようです。


自動売買システムの注意点


画像 : https://newscast.jp/attachments/UiLoiqBM5OwYh8kcxuuM.jpg


自動売買システムは高額なものが多く、必ず勝てるかどうかわからない代物に大金をはたくというのは少数派だったといえる。かといって、自ら売買ロジックを考え、プログラムし形にするには、「FX」以外の知識が必要になってくる。
これが、シストレの敷居を高くしていた要因だろう。
しかし、最近では、無料の自動売買システムや手の届く金額のシステムも登場してきているので気軽に「FX」を始める人も増加傾向になるようです。
投資家からしても、手軽に自動売買ツールが使えるのは、非常にメリットが高い。
こういったサービスでは、あらかじめ数種類の売買システムが用意されているので、投資家がロジックを組む必要はなく、金融やコンピュータの知識に乏しいトレーダーでも、手軽にシストレが始められるというわけです。
また、各社が提供する売買システムを作っているのは、いずれも金融に精通したプロたち。
もちろん、その時々のトレンドにより有効な売買ルールは異なるので、すべてが勝てるというわけではないが、そういったものが使えるのもメリットであろう。自作派にとっても、プロの売買システムを使うことで、今後の参考になるのはいうまでもないという訳です。


ブリッジシステム


画像 : https://newscast.jp/attachments/SInP5vvASMp74ou97gjS.jpg


初心者にも優しく、低資金での運用可能なシステムをご紹介致します。
それが【ブリッジシステム】です。
ブリッジシステムは低資金で運用でき、安全性を重視しております。
ですので
運用資金は5万円から始めることができます。
利益率はなんと月15%から20%ほどとなっているのですが(5万円運用の場合)、安全に運用するためコツコツ稼いでくれます。
期間限定で無料での提供をしておりますので、
この機会に「FX」を始めてみませんか??
気になるかたは下記リンクからお申し込みください。
お問い合わせやご質問も受け付けております。


BRIDGESYSTEM-ブリッジシステム- : https://peraichi.com/landing_pages/view/bridgesystem




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング