仙台七夕まつり中止に伴う代替事業の実施について

@Press / 2020年7月20日 9時30分

WEB短冊
仙台七夕まつり協賛会は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により開催が中止となった仙台七夕まつりの代替事業を実施します。


■代替事業実施の経緯
仙台七夕まつり協賛会では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により例年8月6日~8日に行われる仙台七夕まつりの開催を今年度は中止しました。しかしながら、仙台の伝統的な行事であり地域文化である七夕行事を次世代へ伝えていかなければなりません。
従来のようなまつりは開催できませんが、七夕まつりは、元来「願い」「祈り」の祭りであることから、今年は七夕行事を次世代へ継承するための取り組みを行うとともに、商店街を訪れた市民の皆様が七夕の雰囲気を感じられるような機会を創出することなどを通じて、次年度のまつり開催に向けた機運醸成を図れるよう下記の取り組みを実施します。


■代替事業の概要
(1)親子でチャレンジ!仙台伝統の七つ飾りを作ろう!
制作実演ムービー&制作ガイドブック
折り紙作家 伊藤 由麿氏が監修した、どなたでも見やすく分かりやすい仙台七夕七つ飾り制作実演ムービーと制作ガイドブックを作成しました。それらを見ながら親子で仙台伝統の七つ飾りを作っていただけます。

(2)WEB短冊で願いを仙台七夕まつりに届けよう!
短冊記入フォームに願い事を書くと、WEB上であなただけのオリジナル短冊を作ることができます。オリジナル短冊はスマートフォンで画像としてダウンロードすることもできます。また、「エントリー/奉納」ボタンでエントリーいただいた願い事は、実際の短冊に印刷し奉納いたします。

(3)仙台七夕まつり協賛会 × 河北新報コラボ企画
短冊に願い事を綴り写真に収めてお送りください。2020年8月6日(木)河北新報の朝刊誌面にお寄せいただいたメッセージを掲載します。

(4)小学生向け事業
仙台市内の小学生に対して笹竹が描かれた模造紙や短冊、1~3年生には七夕飾り制作キットを配布し、短冊記入や七夕飾り制作をしてもらうことで、七夕の文化や歴史の継承を行います。

(5)商店街向け事業
仙台市内商店街に対して店頭や店の軒下に掲出できるミニ七夕飾りの配布や七夕飾り掲出の費用補助などを行うことで、商店街を訪れた市民が七夕に触れる機会の創出や来年度開催に向けた機運醸成を図ります。


代替事業詳細については仙台七夕まつり協賛会ホームページをご覧ください。
https://www.sendaitanabata.com/tanabata2020


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

制作ガイドブック 河北新報企画(1) 河北新報企画(2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング