ラック、総務省の委託事業として「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」を開設

@Press / 2020年7月14日 15時0分

「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」Webイメージ
株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、「テレワークセキュリティに係る専門相談対応の請負」(以下、本事業)における事業を総務省から委託を受けて実施します。
本事業では働き方改革・コロナ禍対策として急激に推進されたテレワークにおけるサイバーリスクに対応するための対策を「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」を開設して対応することで、全国の企業や団体・地方自治体におけるテレワーク時のセキュリティに関する疑問や問題の解決を支援します。


テレワークで使用される家庭のインターネット環境は、万全な情報セキュリティ対策を施した企業内ネットワーク環境に比べはるかに脆弱です。また、私物パソコンの業務利用、VPN(仮想ネットワーク網)の回線不良により暗号化通信なしに接続してしまうなどの問題も顕在化し、テレワーク環境を狙ったサイバー攻撃手口などサイバーリスクも高まっています。ラックでは、これらの課題を鑑み、テレワークを導入済み、または導入を検討している企業や団体・地方自治体を対象に、セキュリティ知識がなくとも、安心して相談できる窓口を開設し、無料で相談を受け付けます。

▼「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」はこちら
https://www.lac.co.jp/telework/security.html

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218782/LL_img_218782_1.png
「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」Webイメージ

「テレワークのセキュリティ あんしん無料相談窓口」は、Webフォームによる申し込みを受けて、Web会議、メール、電話にてテレワーク導入前、導入後のセキュリティに関する相談を受け付け、アドバイスをいたします。なお、本相談実施期間は、今年度2020年7月~2021年3月となります。
※ テレワーク導入に関する一般的な相談については、総務省「テレワークマネージャー相談事業」により受け付けています。

総務省の事業についてはこちら( https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/telework/


【株式会社ラックについて】 ( https://www.lac.co.jp/
ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」など、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、企業・官公庁・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

* ラック、LAC、サイバー・グリッド・ジャパンは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載している会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング