星のや竹富島 沖縄・竹富島の素材の恵みを編み込むアクティビティ「手業(てぃわざ)の学び舎」実施 期間:2020年9月1日~11月30日(水曜日・土曜日のチェックイン限定)

@Press / 2020年7月29日 10時0分



沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」は、2020年9月1日から11月30日まで、島の素材の恵みを編み込む1泊2日のアクティビティ「手業の学び舎」を実施します。竹富島では、収穫した穀物を保管する入れ物や草履、笠など生活に必要なものは島の植物で作ってきました。本プログラムでは、島に住む手業の達人の指南のもと、「やみかご(籠バッグ)」を作ります。滞在中は、自生している植物を手業の材料にするまでの達人の熟練した作業を見学し、客室に設えられた民具で島の暮らしを体験します。島の植物から自分の手で物を作ることで自然の恵みを身近に感じ、素朴で豊かな暮らしを体感するプログラムです。


画像 : https://newscast.jp/attachments/lJM1vwD6mVaVq0bVQ2hb.jpg


開発背景


竹富島では、民具作りのことを「手業」と呼びます。手業は、収穫した作物を保管したり、日中の強い日差しをよけたりするための道具を島に自生する植物で作ることで発展し、現在まで受け継がれてきました。また秋は、色が白く、質が良いとされる民具作りの素材が収穫しやすい時期と言われています。
本プログラムでは、竹富島の手業の達人4名からなる「クージの会」から1名に客室に来ていただき、直接手業を教わります。島の植物から自分の手で民具を作る作業を通じて、島の文化や自然の恵みを身近に感じ、島の素朴で豊かな暮らしを体感していただきたいと思い、本プログラムを開発しました。


特徴1 島の素材の恵みを編み込む「やみかご」作り



画像 : https://newscast.jp/attachments/vrDsiqQmJnEiGS9PQj2n.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/N52XA78cSWCRV5HhJwNT.jpg


客室で達人に教わりながら島の伝統的な民具である「やみかご」を2日間かけて作ります。「やみかご」とは、かつて市場への買い出しの際に使われていた籠バッグです。素材となるのは、アダンの仲間である「たこの木」と呼ばれる植物です。事前にほぼ均一の太さに形成されている材料をひとつひとつ組み合わせながら手で編み込んでいきます。編むごとに籠が形作られていく様子に、次第に時間を忘れて作業に集中していきます。完成品は、散歩に行く時や弁当を運ぶ時に適した大きさです。時を経るごとに少しずつ変化する色味や形も楽しみながら長く使い続けられます。
作業の合間の、達人とのゆんたく(おしゃべり)も楽しみのひとつです。ゆったりとした時間の流れの中で、島の暮らしや文化に触れながら、物作りに向き合います。



特徴2 手業の材料にするまでの達人の熟練した作業を見学


画像 : https://newscast.jp/attachments/pBiOImBYjXa6Fxmt3psf.jpg


自生している植物を手業の材料として使用するには、手間をかけた準備が必要です。達人たちは、植物それぞれの特徴やその時々の気候、自然のリズムに合わせて準備を進めていきます。
本プログラムで見学するのは、達人の熟練した、植物が収穫されて材料になるまでの「割く」「干す」などの作業です。実際に植物から物が作られていることをより深く理解し、自然の恵みを身近に感じます。



特徴3 親しまれてきた民具で島の素朴で豊かな暮らしを体験


画像 : https://newscast.jp/attachments/ekq5XoByrGUGY7K9PM90.jpg


島の暮らしを体験するために、民具を設えた客室に滞在します。用意するのは、ゴザや月桃枕、草履、くず籠、箒(ほうき)、クバ笠、コースターです。滞在中は、クバ笠を散歩の時に帽子代わりに被ったり、ゴザを庭に敷いて寝ながら星を眺めたりして過ごします。昔から親しまれてきた民具を使って、島の素朴で豊かな暮らしを体験します。


「手業の学び舎」概要


■期間    :2020年9月1日~11月30日(水曜日・土曜日のチェックイン限定)
■料金    :1名 25,000円(税・サービス料・宿泊料別)
■含まれるもの:やみかご作り、作業見学、客室の民具レンタル(ゴザ、月桃枕、草履、くず籠、箒、
クバ笠、コースター)
■定員    :1組(1~2名)
■予約    :公式サイト([https://hoshinoya.com/taketomijima/]{https://hoshinoya.com/taketomijima/})にて14日前まで受付
■備考    :自然環境により見学できる作業は異なります。
スケジュールは島の祭事・行事により変更になる場合があります。


スケジュール例


<1日目>
15:00 チェックイン
16:00 達人に教わるやみかご作り
18:00 夕食(別料金)


<2日目>
08:00 朝食(別料金)
10:00 達人の熟練した作業を見学
11:00 やみかご作り(本体を編む)
12:00 昼食(別料金)
13:30 やみかご作り(取っ手を付ける)
16:00 達人とゆんたく
18:00 夕食(別料金)


<最高水準のコロナ対策宣言>



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=4Mtj_UtcOhA


1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)


2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)


関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星のや竹富島


竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成されています。
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/客室数48室
[https://hoshinoya.com/]{https://hoshinoya.com/}




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング