京都・伊藤久右衛門 新作「もみじ抹茶パフェ」10月12日より提供開始

@Press / 2020年10月1日 14時0分

もみじ抹茶パフェ
江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門(所在地:京都府宇治市、代表取締役:北村 公司)は、伊藤久右衛門各茶房にて新作『もみじ抹茶パフェ』を10月12日(月)より提供開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_1.jpg
もみじ抹茶パフェ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_2.jpg
もみじ抹茶パンナコッタ

“京都の四季を大切にする”をコンセプトに誕生した新作メニュー『もみじ抹茶パフェ』は、抹茶餡の紅葉きんとん、紅葉ゼリー、栗の渋皮煮、さつまいもクリーム、チュイールアーモンドクッキーをあしらい、グラス上に実りの秋を表現。グラスの中には、抹茶ゼリーやほうじ茶蜜など、お茶屋ならではの具材で宇治茶の魅力を詰め込みました。美しい日本の秋を、目で、舌で、味わう季節限定パフェです。

また、宇治本店お土産コーナーでは『もみじ抹茶パンナコッタ』を数量限定で販売いたします。抹茶とさつまいも、2層のパンナコッタ上には、レモン味でさっぱりとした3色の紅葉ゼリー、さつまいもペースト、紅葉をあしらいました。錦の秋を迎える宇治・祇園にて、みなさまのお越しをお待ちしております。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_3.jpg
もみじ抹茶パフェ&もみじ抹茶パンナコッタ

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_4.jpg
Twitter投稿用

■もみじ抹茶パフェ概要
販売期間 :2020年10月12日(月)~11月末終了予定
販売価格 :もみじ抹茶パフェ 単品1,390円(税込)、お茶セット1,790円(税込)
取扱い店舗:宇治本店・JR宇治駅前店・祇園四条店


■もみじ抹茶パンナコッタ概要
販売期間 :2020年10月12日(月)~11月23日(月) ※数量限定販売
販売価格 :550円
取扱い店舗:宇治本店


■会社概要
社名 : 株式会社伊藤久右衛門
所在地 : 〒611-0013 京都府宇治市莵道荒槙19-3
代表者 : 代表取締役 北村 公司
創業 : 天保3年
事業内容 : 宇治茶・宇治抹茶スイーツなどの製造販売
TEL : 0774-28-3993
URL : https://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/
Twitter : https://twitter.com/itohkyuemon
Facebook : https://www.facebook.com/itohkyuemon
Instagram: https://www.instagram.com/itohkyuemon/


■伊藤久右衛門のあゆみ
江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村 名村(現宇治田原南)にて茶業を携わったのがはじまりです。その後、二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉と代々茶づくりを継承してまいりました。昭和27年、五代目伊藤久三が宇治田原から宇治の地へとうつり、宇治蓮華(現平等院表参道)で宇治茶販売の店舗を構えました。同年、会社設立にあたり、代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門」といたしました。創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家に代々受け継がれる茶園で茶づくりを続けております。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_5.jpg
平等院店頭での初荷の写真

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/228742/LL_img_228742_6.jpg
当時の茶工場


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

もみじ抹茶パンナコッタ もみじ抹茶パフェ&もみじ抹茶パンナコッタ Twitter投稿用

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング