「星野リゾート 界 由布院」着工のお知らせ ~星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」として、2022年夏開業予定~|着工時期:2020年12月初旬

@Press / 2020年10月8日 14時0分

棚田状の庭園をもつ施設のランドスケープイメージ

星野リゾート(所在地:長野県軽井沢町/代表 星野佳路)は、2020年10月8日、大分県由布市において「星野リゾート 界 由布院」(以下、「界 由布院」)の起工式を執り行い、2020年12月初旬に着工いたします。当施設は温泉旅館ブランド「界」として2022年夏の開業を目指しており、隈研吾建築都市設計事務所が設計・監修を手がけます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/Gy7nJ0ZfR9bMp9fpZJzN.jpg
棚田状の庭園をもつ施設のランドスケープイメージ


由布院温泉は、温泉の源泉数、湧出量ともに国内でトップレベルを誇り、国民保養温泉地に指定されています。由布岳に抱かれた盆地に広がる静かな田園風景は、四季折々の美しさがあり、特に秋から冬にかけて見られる朝霧は、幻想的な風景として知られています。
「王道なのに、あたらしい。」をテーマに全国に温泉旅館を展開する界は、その土地、その季節でしか出会えない日本ならではのおもてなしと、心地よい和にこだわった快適な空間を提供しています。界 由布院においても、敷地内に棚田状に広がる庭園を設え、自然を随所に感じられるランドスケープを計画するなど、この地の魅力を感じられるよう、ハード・ソフト両面から設計を進めています。
なお、大分県内での運営は「星野リゾート 界 阿蘇」(大分県・瀬の本温泉)、2021年春開業予定の「星野リゾート 界 別府」(大分県・別府温泉)に続き3施設目です。


デザインは建築家・隈研吾氏が担当


界 由布院の基本設計・意匠監修は建築家の隈研吾氏が手がけます。由布院の魅力である豊かな自然や趣きのある農村を感じられるよう、設計が進められています。エントランスの先にあるライブラリーからは、斜面に広がる棚田のようなランドスケープを一望できます。また、自然と一体化した長い濡れ縁(ぬれえん)(建物の外壁から張り出した外部の床)では、朝霧がたつ幻想的な風景を眺めながらゆったりと寛げます。長い濡れ縁を進むと景色は変わり、雄大な由布岳に面した大浴場で名湯の湯浴みを心ゆくまで堪能できます。


計画概要


■施設名称:星野リゾート 界 由布院
■所在地 :大分県由布市湯布院町大字川上字宇土561番地他
■階数  :パブリック棟2階建 / 客室棟3階建 / 離れ平屋建
■客室数 :45室
■建築基本設計・監修:隈研吾建築都市設計事務所
■施工:フジタ・新成建設特定建設工事共同事業体
■着工時期:2020年12月初旬
■開業時期:2022年夏(予定)


星野リゾート 界


星野リゾートが全国に展開する日本初の温泉旅館ブランドです。現在、全国で16施設を運営しており、今後数年かけ施設数を増やし、日本各地の温泉地に約30か所の展開を目指しています。心地よい和にこだわった快適な空間で、ホスピタリティ溢れるスタッフが旅の醍醐味である「地域」や「季節」へこだわり、その地域ならではの魅力でもてなします。2020年3月に16施設目となる「界 長門」が山口県長門市にオープンしました。
URL:https://kai-ryokan.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング