越境EC専業サイト「匠品(The Takumi Store)」を展開するUnitedlyEC、岐阜県高山市の伝統工芸品「飛騨春慶」の取り扱いに着手

@Press / 2020年10月26日 9時0分

飛騨春慶を越境ECサイト匠品(The Takumi Store)に掲載
株式会社UnitedlyEC(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二村 毅、以下「UEC」)は、日本有数の漆器の工芸品である「飛騨春慶」を扱う飛騨春慶連合協同組合(理事長:福壽 良太、本店:岐阜県高山市)から申し込みを受け、越境ECサイト「匠品(The Takumi Store)」での「飛騨春慶」の取り扱いに着手いたしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232120/LL_img_232120_1.jpeg
飛騨春慶を越境ECサイト匠品(The Takumi Store)に掲載

今回の取り組みは、新型コロナウイルス感染症の影響による渡航制限と、それに伴う急激なインバウンド需要の減少の中で、新しい地域産業の支援のあり方を検討されていた、株式会社十六銀行(取締役頭取:村瀬 幸雄、本店:岐阜県岐阜市)による提案・助言並びに高山市の支援のもと、UECにてスキームを構築し、飛騨春慶連合協同組合に参画をいただいたものです。

具体的には、中国有数のECモール「JD.com(京東商城)」内で、UECが運営する日本の商品を専門に取り扱うショップ「匠品(The Takumi Store)」において、飛騨春慶のアイテムを掲載します。そのうえで、単にアイテムを売り出すだけではなく、飛騨春慶というブランドに焦点をあてて、地域の魅力、飛騨春慶の魅力、そして、商品の魅力を伝えることを目的として、
(1)飛騨高山の地域や歴史に関する動画や特集ページの作成
(2)伝統工芸品「飛騨春慶」の製造過程等の動画や特集ページの作成
をPRすることで、飛騨春慶の魅力および飛騨高山の認知度のさらなる向上を目指します。

今回の取り組みを通じて、UECは、単に販路を拡大するのみならず、越境ECという手段を用いて直接、日本が誇る伝統文化、伝統工芸品を海外に向けて発信すること、それにより新型コロナウイルス感染症の影響によるインバウンド需要、観光需要の減少で、大きな打撃を受けている地域の伝統産業の活性化のための一つのモデルとなることを確信しております。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/232120/LL_img_232120_2.jpg
日本が誇る伝統工芸品を世界へ発信

■UECについて
UECは2016年2月に設立され、「日本旅行を体験できるショップ」をコンセプトとした中国越境ECサービス「匠品(The Takumi Store)」の運営を行っています。
2016年10月に中国の大手越境ECプラットフォームである「京東全球購(JD world wide)」に出店。
現時点で、申込ベースでのべ40社、1,000アイテム以上の優れたアイテムを出品しております。


■UEC会社概要
名称 : 株式会社UnitedlyEC
本社 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目2番9号 麹町PREX 2階
代表 : 代表取締役社長 二村 毅
事業内容: 越境インターネット通販事業
URL : http://www.u-ec.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

日本が誇る伝統工芸品を世界へ発信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング