1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

津軽海峡エリアの特産品を産地直送!「津軽海峡Webショップ」オープン!

@Press / 2011年10月28日 10時0分

「プロジェクトTug」ロゴ
津軽海峡フェリー株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:石丸 周象(いしまる しゅうぞう)、以下、津軽海峡フェリー)は、企業ミッションとして掲げる、地域貢献への取り組み「プロジェクトTug(タグ)」の一環としてweb通販サイト「津軽海峡Webショップ」」(以下、Webショップ)を2011年10月28日にオープンいたします。
このWebショップは「北海道生活Webショップ」(管理・運営:株式会社コスモメディア)とタイアップし、同サイト内にて「津軽海峡エリア」の特産品、「津軽海峡エリア」に縁ある厳選した商品を集約しております。地元産品の掲載・販売を通じて地域の魅力を発信してまいります。
この取り組みが地元産品の認知度向上及び売上向上につながり、さらには観光促進の役割も果たし、地域活性化の一助となるよう、努力してまいります。


【津軽海峡Webショップについて】
サイトオープン: 2011年10月28日(金)10:00~
URL      : http://www.tugarukaikyo.co.jp/shop
商品・参加店舗: スタート時アイテム数33点、参加店9店

WEBショップイメージ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/23375/B_6.pdf


【津軽海峡Webショップ「オープン記念キャンペーン」について】
期間中に「津軽海峡Webショップ」で商品をお買い上げいただくと抽選でプレゼントが当たります!
期間:2011年10月28日(金)から2011年12月25日(日)購入分まで。
※当選発表は、2012年1月下旬頃。商品の発送をもって代えさせて頂きます。
賞品:A)オーガニックケルプ「シーズニングソルト」3本セット 3名様
   B)津軽海峡フェリー往復ペア乗船券           5組10名様
   C)ガスバリ2012年カレンダー              20名様


■地域貢献への取組み「プロジェクトTug(タグ)」について
津軽海峡フェリーの企業ミッションにおける柱の1つでもある、「地域貢献」への取組み姿勢を明確にしたプロジェクト名が、この「プロジェクトTug(タグ)」です。具体的には以下のような活動をすでに実施しています。

【「プロジェクトTug(タグ)」の具体的なアクション】
1、情報発信の場を創造&サポート
  ~地域&広域エリア、全国との接点づくりで観光・消費促進~
2、地域文化の発展&継承のためのサポート
3、地域ブランディング&新たなモノづくり支援  など

◆津軽海峡を旅するマガジン
フリーペーパー「Tug」発行
首都圏、札幌をはじめ、津軽海峡エリアに10~13万部配布

◆フェリポンサービスの実施
「フェリポン」はフェリー乗船客の地元消費促進を目的とし、地元店舗と連携したサービスです。
フェリー乗船券の提示で様々な特典が受けられ、ユーザーの方から大好評です。
※7月8日公開予定の提携店舗数
 グルメ、温泉、ガソリンスタンド、アウトドア関連施設など合計約50施設

◆函館フェリーターミナルを活用したリアルイベント等
カルチャー教室、ライブイベント、物産展、展示会

◆「みちのく北方漁船博物館」運営支援

その他、各種イベント支援、国際&文化交流のサポート、地元食材発掘・再発見の支援など様々なアクションを起こしています。


■津軽海峡Webショップ商品一覧
以下のURLでご確認ください
詳細URL: http://www.atpress.ne.jp/releases/23375/A_5.pdf

※商品内容は予告無く変更する場合がございます
※送料別途要


■会社概要
商号  : 津軽海峡フェリー株式会社
本社  : 〒041-0821 北海道函館市港町3丁目19番2号
代表者 : 代表取締役社長 石丸 周象(いしまる しゅうぞう)
支店  : 青森支店・大間支店・函館支店
設立  : 1972(昭和47)年2月23日
営業種目: 一般旅客定期航路事業
URL   : http://www.tsugarukaikyo.co.jp (PC版)
      http://www.tsugarukaikyo.co.jp/m (携帯版)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Tug冬号表紙 商品例「下北ワイナリー」 商品例「津軽海峡 本マグロ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング