電動車を活用した効率的な電力システムの構築を目指す「ダイナミックプライシング実証事業」を12/1から実証開始

@Press / 2020年11月9日 8時30分

イメージ図1
エフィシエント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坂越 健一)は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)を通じて公募する実証事業「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業)」に採択され、12月1日から実証を開始いたします。


ダイナミックプライシングは、商品やサービスの価格を需要と供給に合わせて変動させる価格戦略です。ダイナミックプライシング実証事業(以下、本事業)では、令和2年度から令和4年度までの3年間の事業を通じて、ダイナミックプライシング型電気料金(以下、時間帯別料金)を用いた充電時間のピークシフトを行い、「電動車を活用した効率的な電力システムの構築」を目指します。

普及拡大が見込まれる電動車の蓄電池は、容量が大きく家庭用蓄電池と比べて容量当たりの価格が安い。これをエネルギーリソースとして需給バランス調整に活用することで、効率的な電力システムの構築に繋げられることが期待されています。

本事業では、日本卸電力取引所(JPEX)の取引価格に連動した時間帯別料金を設定することで、電動車の充電タイミングを電気料金が高い時間帯から安い時間帯に誘導。結果として、再生可能エネルギーの拡大、調整力の確保、系統増強の回避等に繋げていきます。

当社は、今年度より本事業に参画しており、今後3年間の実証事業参加を予定しております。今年度は、当社を幹事社とし、elDesign株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坂越 健一)、日本エコライフ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:山森 卓夫)の3社でコンソーシアムを構成し実証事業を行います。令和2年度は、JPEXの取引価格及び、当社独自の市場価格の予想モデルに基づいた充電シフト制御を行う予定です。

また、本事業では実証事業終了後の事業化を見据え、小売電気事業者としての収益性、ユーザへの訴求性・感受性・経済性等が最適なバランスとなる時間帯別料金の開発を目指していく計画です。


■イメージ図

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233996/LL_img_233996_1.jpg
イメージ図1

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/233996/LL_img_233996_2.png
イメージ図2

■エフィシエント株式会社について
設立 : 2015年6月
所在地: 東京都港区白金1丁目27番6号
代表者: 代表取締役 坂越 健一
URL : https://eft-jp.com

■elDesign株式会社について
設立 : 2014年7月
所在地: 東京都港区白金1丁目27番6号
代表者: 代表取締役 坂越 健一
URL : https://eldesign.jp/

■日本エコライフ株式会社について
設立 : 1995年5月
所在地: 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3番11号
代表者: 代表取締役社長 山森 卓夫
URL : https://www.j-ecolife.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

イメージ図2

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング