全国40万人の胃ろう患者に“おスシ・トンカツ”を勧めて介護業界が注目 『胃ろうよ さようなら ~明日はおスシを食べにいこう~』 専門書では異例の、2カ月で5,000部を販売 ~ 竹内 孝仁 著 ~

@Press / 2012年7月6日 13時0分

胃ろうよ さようなら~明日はおスシを食べにいこう~
 福祉の本の専門店である有限会社筒井書房(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:須黒 義玄)は、要介護者の「胃ろう・経管」など“食の提供”について言及した『胃ろうよ さようなら ~明日はおスシを食べにいこう~』(著者:竹内 孝仁)を講演会や介護施設へ販売し、2か月間で約5,000部と、専門書としては異例の販売部数を記録いたしました。

URL: http://tutuionlineshop.shop-pro.jp/?pid=34422935


■“胃ろう”とは

 “胃ろう”とは、口から食べ物を食べることが難しい人に対し、人工的に皮膚・胃に小さな口を作ってチューブを設置し、直接胃に栄養を入れる栄養投与の処置方法です。介護の現場では、主に寝たきり患者に処方され、寝ながらにして栄養状態が保たれるというメリットがあります。
 一方で、食事の時に飲み込みが悪い場合“食事を短時間かつ円滑に進める”ことに執着し、飲み込みやすい、殆ど噛まなくてもよい食形態に変えがちになるというデメリットもあります。このように、施設の介護では効率性のみが優先され“より柔らかい”“より細かい”そして最後にはミキサーで粉砕した非人間的な食事へと変えられていくのが現状です。


■介護施設の今

●最も多く摂られているのは「お粥」で4割以上に達している。
●常食は入所時と比較し調査時には2倍以下に「大幅減」となっている。
●常食の大幅減に代わって急増するのは「ペースト・ミキサー食」で、入所時の2.5倍に。
●胃ろう・経管(チューブを用いて流動食を投与)は入所時に比べ2.8倍に。
●副菜は、主食の常食同様、常菜が約7割近く減少。
●大小の「きざみ副菜」は合計で5割近くに達し、「きざみは介護食の王様」状態。
(公益社団法人全国老人福祉施設協議会「第7期介護力向上講習会」
(平成22年度)にて139施設を調査)


■胃ろうが生命予後を短くする!

 現在、全国で26万人もの高齢者が、胃ろう造設を受けたと言われますが(平成23年度全日本病院協会調べ)、本書の著者である竹内 孝仁氏は、「胃ろうは食べる楽しみを奪う上、周囲の人たちに重症感を与えてしまい、ほとんどが完全寝たきり状態に置かれてしまう」とその危険性を訴え、ターミナル期の延命策ではない限り「無駄な胃ろう」「抜去できる胃ろう」は経口常食にすべきだと主張しています。
 食べる楽しみ以外にも、「胃ろうになると長生きができない」「胃ろう利用者のエネルギー量は一般的には基礎代謝量にも達していない」「胃ろうには誤嚥性肺炎が多い」など、身体的なダメージも大きいことを挙げ、少しずつでも常食に戻す必要があると竹内氏はうったえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング