あらゆるシーンでニューノーマルに対応!デジタルサイネージ+検温アプリ一体型サービス「Surve-i デジタルサイネージ 検温+(プラス)」を提供開始

@Press / 2021年1月12日 10時0分

Surve-i デジタルサイネージ 検温+(プラス)
株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野 憲二、東証 JASDAQ:4492、以下「ゼネテック」)および株式会社INNOVA GLOBAL(イノーヴァ グローバル、所在地:東京都港区、代表取締役:木下 京子、以下「INNOVA GLOBAL」)は、コロナ禍でニューノーマルへの対応が求められる商業施設や教育機関、観光地や店舗、オフィスビルおよびオフィス内など様々な場面で利用できる、遠隔操作によるデジタルサイネージと非接触の検温タブレット端末(TAURI)を連携したパッケージ商品「Surve-i デジタルサイネージ 検温+(プラス)」の提供を本日より開始します。関連需要の増加を見込むオフィスや店舗を中心に、まずは本年6月末までに50件の受注を目指します。

<構成イメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/242409/LL_img_242409_1.jpg
Surve-i デジタルサイネージ 検温+(プラス)

■背景と概要
新型コロナウイルスの感染拡大により、仕事や生活のあらゆるシーンで、ニューノーマルへの対応が求められています。特に人が集まる商業・公共・レジャーを含む各施設や教育機関、店舗やオフィスにおいては、非接触かつ効率的な情報発信や検温のニーズから、デジタルサイネージや検温モニターの需要が高まっていますが、一体型のサービスはまだ少ないのが現状です。

本商品は、ゼネテックが開発したIoTプラットフォーム「Surve-i」をベースとした、導入3,000店舗を超える実績を持つ、遠隔操作によるデジタル・コンテンツ登録型サイネージのサービスと、INNOVA GLOBALが提供する業界でも評価の高い高精度・非接触型の検温モニター「TAURI」端末がシステム連携したもので、柔軟で導入しやすいラインナップで、高品質のパッケージサービスをご提供します。

まずは、オフィス内や店舗における、ペーパーレス・体温計レスによる、非接触かつ効率的な情報発信/検温のニーズに対応し、今春に予定の次期バージョンでは、クラウド上で個人の検温履歴をデータベース管理する機能にも対応してまいります。


■主な特長
● TAURI端末に、ゼネテック開発のサイネージ・アプリ(Android)をインストールし、検温アプリとデジタルサイネージを連携
● CMS管理サーバ(Linux)によるコンテンツ管理と、コンテンツをリモート環境から自動ダウンロード可能なサイネージ端末(Android)機能を提供。CMS画面より、コンテンツ一括管理および端末単位での表示スケジュール管理が可能。店舗(部門)単位のサイネージ登録と稼働状況監視を実現
● 登録しやすい/見やすい/運用しやすいコンテンツ管理プラットフォーム
● サーマルカメラによる温度計測(検温による温度と警告表示)では、タブレット端末にサーマルカメラを接続し、内部カメラにて「顔認識」することで、サーマルカメラで自動的に検温を行い、検温度に応じて、基準値内と外による画面表示を実現
● テンプレート機能(静止画コンテンツ簡単製作)やニュース・天気予報の配信(オプション)
● 柔軟なラインナップとリーズナブルな価格設定


■価格
店舗向け/企業・オフィス向けともにオープン価格
※詳細はお問い合わせください。

【商品URL】
URL: https://m2m.genetec.co.jp/solution/signage.html


【Surve-iについて】
「Surve-i」とは、ゼネテックが提供するIoT/M2Mプラットフォームの総称です。
通信デバイス、ネットワーク、クラウド、モニタリングアプリケーションといったIoT/M2Mに必要な製品、技術、サービスを網羅しています。
URL: https://m2m.genetec.co.jp/


【TAURIについて】
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/242409/LL_img_242409_2.jpg
TAURI 検温タブレット

「TAURI(タウリ)AIサーモタブレット」は安全を第一に考慮した非接触型のスピード温度検知システムです。 高度なドイツの赤外線技術を使用して、約1秒でモニターから約0.5~1mの人の体表面温度をチェックできます。

当製品は2020年8月までに北米で5,000台以上出荷されていたものです。国内では、2020年6月よりINNOVA GLOBALより販売開始されました。病院・クリニック等の医療機関、役場・図書館等の公共機関、大学・小中高校・保育園等の各種学校、スポーツクラブ・飲食店・美容院等の接客業、シェアオフィス・会議室・一般企業、旅館やスキー場などの観光業、製造業の現場等、様々な業界にて幅広く感染症対策に活用されています。
URL: https://innova-global.com/tauri


【株式会社ゼネテックについて】
ゼネテックは、1985年に携帯電話・PHS等の各種情報末端、カーナビ・カーオーディオ等の組み込みシステムの設計開発を主たる事業として設立されました。現在は、設立以来からのメイン事業となる組み込みソフトウェア・ハードウェアなどを主とするシステム開発事業、ならびに3次元CAD/CAMソフトウェア「Mastercam」の輸入販売を中心とするエンジニアリングソリューション事業の2つをコアとして発展してまいりました。また、災害時位置情報自動通知アプリケーション「ココダヨ」のサービス提供にも取り組んでおります。

設立以来得意としてきた移動体通信や通信制御、通信ネットワーク分野は、社会インフラとして重要性を増しており、その開発スピードとクオリティは一層の高度化が要求されています。私たちは、こうした社会的要請とお客様の多様なニーズに応えるため、よりクオリティの高い迅速なソリューションの提供と担い手である人材の育成を、最優先の経営目標に掲げております。
2018年からは日本初登場の3Dシミュレーションソフト「FlexSim」の提供を開始。工場の生産ラインや物流倉庫などのレイアウト検討における圧倒的パフォーマンスにより、お客様の生産性向上に貢献してまいります。
URL: https://www.genetec.co.jp/


【株式会社INNOVA GLOBALについて】
INNOVA GLOBALは、2006年に設立し、携帯電話のアクセサリーやパソコン周辺機器の輸入販売から事業をスタートしました。グローバルネットワークを活かし、世界22カ国の海外ブランドの総代理店事業、セールスマーケティングを行ってきました。

設立以来、スマホアクセサリーやウェアラブルなどの生活を豊かにするIoTデバイス、商業用タブレットなどの企業活動に貢献するプロダクト、未来を創る子ども達・学生が楽しく学べるプログラミングキット等、世界の最先端テクノロジー製品をお届けしています。

通信業界や販売店の皆様と共に、高価値の商品やサービスを創造し、高い成長率を目標に掲げ、顧客満足度向上のための商品開発・商品提供をしてまいります。
URL: https://innova-global.com


* 記載されている会社名・製品名は各社の登録商標、あるいは商標です。
* 本ニュースリリース記載の情報(価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先、URL等)は、リリース日現在の情報です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ゼネテック 経営企画室
広報担当: 佐藤
TEL : 03-3357-3044
E-mail : PR@genetec.co.jp

【本商品に関するお問い合わせ】
株式会社ゼネテック
デジタルソリューション本部 薄井
TEL : 03-6683-3238
E-mail: iot-info@genetec.co.jp

【「TAURI」(タウリ)に関するお問い合わせ】
<GLORYSTAR日本総代理店>
株式会社INNOVA GLOBAL
法人営業部 木下、石川 「TAURIの件」とお知らせください。
TEL : 03-6277-6090
E-mail: b2b-info@innova-global.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

TAURI 検温タブレット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング