九州パンケーキカフェ熊本人吉店(仮) 2021年7月のオープンが決定!

@Press / 2021年1月29日 10時0分

イメージ 内装(1)
株式会社一平ホールディングスの傘下である株式会社一平(宮崎県宮崎市、代表取締役:鬼束 文士)が展開する九州パンケーキカフェは、球磨川くだり株式会社とフランチャイズ契約を結び、2021年7月に海外を含む7店舗目(九州では4店舗目)となる「九州パンケーキカフェ熊本人吉店(仮)」をオープンすることが決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244203/LL_img_244203_1.jpg
イメージ 内装(1)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244203/LL_img_244203_2.jpg
イメージ 内装(2)

100年以上の長きにわたり生業の歴史を歩んできた、人吉市の球磨川くだり発船場(運営会社:球磨川くだり株式会社、代表取締役:瀬崎 公介|以下、発船場という)は、令和2年7月豪雨にて壊滅的な被害を受けました。この発船場を地域復興のシンボルとして再開させるプロジェクトの理念に賛同し、この度、「九州パンケーキカフェ熊本人吉店(仮)」を建設中の施設「HASSENBA HITOYOSHI KUMAGAWA」(以下、HASSENBA)内にオープンすることとなりました。地域の豊かな農作物を使った地産地消スタイルのメニューを取り揃え、地域の皆様のコミュニティの起点として貢献して参りたいと思います。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244203/LL_img_244203_3.jpg
イメージ 外観

■「HASSENBA HITOYOSHI KUMAGAWA」について
HASSENBAはこれまでの乗船券売り場・待合所の
『発船場』機能だけでなく、『観光拠点施設』として生まれ変わります。観光案内所や九州パンケーキカフェの他に、球磨川の風情ある風景を五感で感じられるリバービューテラスや、人吉の魅力をサイクリングツアーで学ぶアクティビティ、被災した事業所や若手起業家などを応援する定期的な復興マルシェの開催など、誰でも楽しめる人吉市の憩いの場として、また復興のシンボルとして地域活性化に貢献することを目指しています。


■九州パンケーキについて
「九州の素材だけでつくりたかった、毎日のおいしさ」をテーマに、安心・安全の素材でつくった九州生まれの地産パンケーキです。風味豊かな大分県産小麦をはじめとして、宮崎県綾町で農薬を使わず育てられた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県からは稲作の源流である古代米の黒米と赤米、鹿児島県の肥沃な大地で育てられたうるち米、そしてお砂糖は沖縄と鹿児島のさとうきび。乳化剤・香料・加工澱粉などは一切使用していません。生産者と共に地域風土に根ざした商品に育てていくことを目標として、産地と消費者を繋いでいきます。
公式ホームページ: http://www.kyushu-pancake.jp


■会社概要
商号 : 球磨川くだり株式会社
代表者 : 代表取締役 瀬崎 公介
所在地 : 熊本県人吉市下新町333の1
設立 : 1962年12月
事業内容: 遊覧事業(球磨川くだり・ラフティング)
URL : https://www.kumagawa.co.jp/company/


■会社概要
商号 : 株式会社一平
代表者 : 代表取締役 鬼束 文士
所在地 : 宮崎県宮崎市高岡町小山田字麓973番地2
設立 : 1996年9月(創業1966年)
資本金 : 15,000千円
事業内容: 飲食店及びカフェ経営
URL : https://ippei-holdings.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

イメージ 内装(2) イメージ 外観

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング