労働災害防止のために受講する「特別教育」のEラーニングにAI顔認証システム2月10日(水)より搭載

@Press / 2021年2月10日 7時0分

SATの「AI顔認証システム」画面
技術系・現場系資格を専門とした通信教育会社SAT株式会社(所在地:大阪府吹田市、代表取締役:二見 哲史、以下「当社」)は、当社が提供する10種類の「特別教育・準特別教育(危険又は有害な業務に労働者をつかせる場合に事業者が従業員に受講させる教育)」のEラーニングに、AI顔認証システムを2月10日(水)から搭載します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/245689/LL_img_245689_1.png
SATの「AI顔認証システム」画面

SAT株式会社URL: https://www.sat-co.info/


■AI顔認証システム搭載の背景
通常「特別教育」は事業者内で行うことが難しい場合、外部の講習機関などで受講されています。しかし、現場を離れて1日、もしくは2日の講習を受けるというのは、事業者にも受講者にも負担が大きいのが現状です。

また、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、講習会への参加も躊躇されている事業者も多数です。動画投稿サイトで開講している講師もいますが、これでは受講者が講義をきちんと視聴したか担保できず、労働災害防止の観点から望ましくないとされてきました。


■AI顔認証システム搭載による効果と今後について
当社のAI顔認証システムは、「労働局確認済み」のシステムです。カメラ付きのPCもしくはスマートフォンで受講すると、いつでもどこでも受講できる手軽さはそのままに、AIによる顔判定により受講中の離席防止や、本人へのなりすまし防止が可能となるため、確実な受講が担保されます。

現在の対応言語は日本語のみですが、外国人が安心して働けるよう、2021年度中にベトナム語対応を予定、その後も多言語化を進めます。今後も当社は特別教育等の安全衛生教育のさらなる拡充と、教育機関として高品質な教材を作成してまいります。


■AI顔認証システム搭載の講義について

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/245689/LL_img_245689_2.png
顔認証システム


■講義内容について
本Eラーニングで受講できる「特別教育・準特別教育」は以下講座になります。また、受講修了後には受講者へ修了証カードと、事業者へ証明書を発行します。

<「特別教育・準特別教育」の講座内容>
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育/足場の組立等特別教育/粉じん作業特別教育/酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育/ダイオキシン類作業従事者特別教育/石綿(アスベスト)取扱作業従事者特別教育/自由研削といしの取替え等業務特別教育/低圧電気取扱者特別教育/アーク溶接等特別教育/有機溶剤業務従事者教育

※受講料は講座によって異なります。購入方法とあわせ詳しくは以下「講座ページ」よりご確認ください。

SATの講座ページ: https://www.sat-co.info/


■当社の通信教育の特徴
当社では現場系・技術者系の資格講座しか用意していません。限られた領域に特化しているからこそ、大手スクールにも負けない分かりやすさと高い合格率が特徴です。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/245689/LL_img_245689_3.png
最新のEラーニングシステムを使用

■会社概要
社名 : SAT株式会社(Smart Academy of Tec)
代表者 : 代表取締役 二見 哲史
所在地 : 大阪府吹田市豊津町9-1 ビーロット江坂ビル18階
設立 : 2013年1月23日
資本金 : 1,000万円
URL : https://www.sat-co.info/
事業内容: 各種資格の教材作成・販売、資格対策講習会の開催、
e-ラーニングコンテンツの作成


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

顔認証システム 最新のEラーニングシステムを使用

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング