2021年6月10日~12日 世界に通用するBCP資格取得のためのオンライン研修 受講者募集開始

@Press / 2021年2月8日 10時0分



画像 : https://newscast.jp/attachments/lXRzTemyrtV4F9chQWYw.jpg


世界100カ国で1万5000人の認定者が活躍中!


DRI(Disaster Recovery Institute)ジャパンは、BCM(事業継続管理)教育の専門組織で、世界に通用する事業継続専門家の育成のための研修と資格認定を実施しています。リスク対策.comでは今年度の研修講座の受講者を募集しています。
米国に拠点を持つ本部組織DRII (Disaster Recovery Institute International)は、事業継続教育プログラムを世界100か国で提供しており、受講後の資格試験に合格すると、BCM資格を取得できます(※研修後の試験に合格したら、BCM構築の経験年数に応じて資格が与えられます:ABCP CFCP CBCP MBCP。なお、これらを取得する場合は、申込費用と年間の資格登録費が別途必要になります)。
DRIIは1988年に設立され、現在、世界100か国で1万5000人以上(2018年時点)の認定者が活躍しております(これまで合計3万6000人以上の認定者がいますが、他の部署に移るか、すでにリタイアされています)。またフォーチューン100社の90%(2017年)および、フォーチューン500社のほとんどの会社で、DRIの認定プロが活躍しています。
日本でも、これまでに数百人がDRIの認定を受け活躍しており、BCPの専門能力を示す資格として広く認知されつつあります。このサイト内でも紹介していますが、企業の中には、BCに携わる経営幹部や管理職社員の人材育成にこのプログラム取り入れたり、あるいは、自社のBCPをグローバルスタンダードの視点から客観的に評価することを目的に受講しているところもあります。もちろん、BCPの基本をしっかり学ぶために受講されている方も少なくありません。


BCP担当者の専門業務10項目をカバー


研修は、DRIIが開発したグローバルスタンダードとなっている専門業務10項目をベースとした研修を行います。これにより、世界の認定資格者と同一の知識の習得が可能となります。研修は、2.5日間(約14時間)と、それに続く認定試験があります。


研修内容の詳細 : https://www.risktaisaku.com/feature/bcp/dri


開催概要


【事業継続の先進国アメリカが開発した本格的プログラムを日本語で提供】
■主催:DRIジャパン
■共催:リスク対策.com
■対象者:組織のBCP担当者、BCP教育に携わる人 など
■講師:DRIインターナショナル 認定インストラクター
■方式:Zoomミーティングを使ったオンライン講義
■日程:2021年6月10日(木)10:00~18:00、11日(金)10:00~18:00、12日(土)10:00~15:30
■受講費:15万円(税別)
※ご請求書をお送りしますので、受講日までにお振込みください。
※本価格は本部より統一価格として決められた額となっています。
※お見積り書や、領収書が必要な方は、ご連絡ください。
■定員:5~10名
※定員オーバーや、定員に満たない場合、ご希望の日程で受講いただけない場合が
 ございます。


世界に通用する危機管理・事業継続手法が学べる国際資格取得研修 | BCP/BCM「BCLJ501」セミナー | リスク対策.com | 新建新聞社 : https://www.risktaisaku.com/feature/bcp/dri




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング