iBoneがAndroidマーケットに登場~ 小さなトロンボーンを多くのスマートフォンに埋め込む ~

@Press / 2012年1月6日 10時30分

本日、スプーンジャック社(Spoonjack、本社:米国サンフランシスコ)は、iPhone、iPod touch、iPadで提供している『iBone(アイボーン)‐ポケットトロンボーン』のAndroid版の提供開始を発表しました。
iBone: http://ibone.spoonjack.com/ja/

iBoneは2009年度の『最高アプリケーション賞』における『最高の楽器アプリケーション賞』を受賞し、また、iTunesリワインド2010に選ばれるなど、iBoneはモバイルの音楽アプリケーションにおいてはユニークなものです。iBoneユーザーは、自分のライブラリーにある楽曲と一緒に演奏できるだけでなく、iBoneソングブックからも選曲して一緒に演奏する事ができ、この機能を使う事により演奏の方法を学ぶことができます。iBoneはトロンボーンの有能、正確なシミュレーションと音楽ゲームとを融合させ、誰でも容易に演奏することができます。

この度は、実用的であると同時に楽しさがあることで知られ、以下のように評価されているiBoneを、Androidに提供するものです。

・「トロンボーン演奏者のための素晴らしい道具」
5回にわたってダウンビート誌の『今年のトロンボーン演奏者』に選ばれた、オバーリン大学教授 ロビン・ユーバンクス氏

・「大変素晴らしい」
シール・スティングのトロンボーン演奏者であるキャロル・ジャルビス女史

・「ゲームの遊びと実用的道具との面白い実験的組み合わせ」
Wired Magazine(ワイアード マガジン)誌のGame|Life(ゲーム|ライフ)のクリス・コーラー氏


◆アプリケーションの概要
iBoneは誰にでも簡単に使えるインターフェースで作動します。
1.音を出すには、スクリーンをタッチするかマイクに向けて息を吹きかけます
2.ピッチを変更するには指をスライドさせます
3.ボリュームを調整するにはベルを上げ下げします

このような簡単な操作にもかかわらず、iBoneは、本物のトロンボーンのように驚くほど本格的な音を奏でます。トロンボーンの標準領域である2.5オクターブをカバーし、ユーザーはスラーで音を上げ下げしたりスライドイン・スライドアウトで演奏しながら、本物のトロンボーンのようなサウンドを楽しめます。

ソロ演奏楽器としてだけでなく、iBoneではバンド演奏も楽しめますし、演奏に慣れてきたら自分のライブラリーにある曲と一緒に、伴奏をつけたりソロパートを演奏したりも可能になります。

iBoneやトロンボーンが初めてのユーザーは、iBoneソングブックからも選曲できます。iBoneソングブックは誰もが知るトラディショナル楽曲の選曲集で、それぞれの楽曲に独自の伴奏がついています。入門編としては下記のような楽曲があります。

*G線上のアリア(ギター)
*グリーンリーブス(アコーディオン)
*スループジョン(バンド)
*ライド・オブ・ザ・ワルキューレ(オーケストラ)

iBoneでは楽曲やバンドを提供するだけでなく、演奏方法まで見ることができます。曲のテンポに合わせて一連のリングが現れ、音符の場所とタイミングを表します。正しい音を正しいタイミングで演奏するためには、そのリングを軽く叩くだけで良いのです。その曲がどのように演奏されるのか聴いてみたければroboBoneを起動してその曲を演奏させる事ができます。

下記リンクで、ビデオやイメージがご覧いただけます。
ビデオ : http://ibone.spoonjack.com/ja/
イメージ: http://ibone.spoonjack.com/ja/aboutus


◆価格と入手方法
iBoneはAndroidマーケットとiTunesアプリケーションストアで入手できます。価格は250円。


◆会社情報
スプーンジャック社は、あなたの生活をより楽しく便利にする最新の製品とサービスを開発します。そのサービスを通じて、楽しみ、教育、情報を提供します。スプーンジャック社はサンフランシスコを拠点とします。

※iBone(アイボーン)と、Pocket Trombone(ポケットトロンボーン)、roboBone(ロボボーン)はスプーンジャック社の商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング