1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

オレンジソフト、メール誤送信対策アプライアンスの新バージョン『BRODIAEA safeAttach Version 4.0』をリリース

@Press / 2012年1月11日 11時0分

電子メール関連システムの開発・販売を行う株式会社オレンジソフト(本社:東京都品川区、代表取締役:日比野 洋克)は、メール誤送信対策アプライアンス「BRODIAEA safeAttach (ブローディアセーフアタッチ、以下 safeAttach)」の新バージョンとなるVersion4.0を開発し、2012年1月より出荷を開始いたします。
また、Version4.0のリリースと同時に仮想アプライアンスモデルの追加を行います。


■「BRODIAEA safeAttach」について
ビジネスを進める上で、電子メールは電話に代わる双方向コミュニケーションツールとして、もはや欠かせないものとなっています。
しかしこれに伴い、宛先間違いなどの誤操作を原因とする情報漏えいが頻発しており、大きな問題となっております。
また大容量の添付ファイル送信に関して、受信者側の容量制限などにより送信ができないという問題もあり、メール利用の課題となっております。

「BRODIAEA safeAttach」は、これらの課題を解決するためにオレンジソフトによって開発された、誤送信対策アプライアンスシリーズで、2007年の販売開始以来、多くの企業やASPに採用されています。添付ファイルの自動暗号化、Bcc化によるメールアドレスの漏洩防止、メールの一時保留等、複数の誤送信対策をまとめることで対策を多面的に実現することが可能となっています。


■『BRODIAEA safeAttach Version4.0』の主な機能
・「添付ファイルダウンロード機能」
メールの添付ファイルをメールから切り離し、WEBからダウンロードする機能(添付ファイルダウンロード機能)を新たに搭載しました。
本機能により、受信側のメールサイズ制限などで送信することの出来なかった大容量ファイルの受け渡しが可能となります。
またダウンロード待ちのファイルは、簡単にユーザー・管理者から取り消しをすることができ、添付間違い等の誤送信対策に力を発揮します。
加えて、従来は大容量ファイルの受け渡しにはメールシステムとは別のツール(システム)を必要としていましたが、本機能によりツールを使い分けることなくメールだけでの情報伝達が可能となり、送受信者における利便性の向上、運用コストの削減、セキュリティ強化などを実現します。
また添付ファイルのサイズによって、パスワード付きZIPにするか、ダウンロードにするかをルール化できるので、小サイズのファイルまでダウンロードさせる手間を省くことも出来ます。

・国際化対応
従来の送信者確認画面に加え、管理者用WEB管理画面等、すべての画面が日本語と英語表記の両対応となり、海外のユーザーが使用できるようになりました。(英語マニュアルは後日提供予定)

・1クリック操作
メール配送・取り消し・パスワード送信などの操作を、WEBページに移動せずに、送信後に送られる通知メール内のリンクのクリックだけで実行できるようになり、より簡単な操作となりました。

・添付ファイル内容確認
保留中のメールに関して、メール確認画面から添付ファイルの内容を確認することが可能となりました。

・外部データストレージ連携
保留メールやダウンロードファイル用の保存領域を、外部HDDなどの外部ストレージに切り替えることが可能となりました。

これらの機能拡充により、一層の誤送信対策強化および、効率的な運用・管理を実現いたします。


■safeAttach VM モデル追加
safeAttach Version4.0リリースに伴い、これまで1モデルで提供を行なっていた、VMwareに対応した仮想アプライアンスモデル「safeAttach VM」を利用シーンに合わせてモデル選択できるように、必要とするリソースによって2モデル構成といたします。モデルにより、必要とするメモリ容量、HDD容量、処理可能なメールサイズ上限値などの制限値が異なります。
「safeAttach VM STD」は、従来のVMから大幅な価格ダウンとなり、導入しやすいモデルとなりました。

【ラインナップ】
・safeAttach VM STD 希望小売価格 120万円
・safeAttach VM HX2 希望小売価格 200万円


■出荷開始日
出荷開始日: 代理店経由で2012年1月より随時
詳細URL  : http://www.orangesoft.co.jp/products/brsa/safeattach/


■価格
機能拡充による費用追加は一切ございません。これまで通り、サーバライセンスでのアプライアンス提供となります。(バージョンアップ:無償)
・ベースモデル:BRODIAEA safeAttach STD 定価180万円
・上位モデル :BRODIAEA safeAttach HX2 定価300万円

※記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。


■オレンジソフトについて
オレンジソフトは、1994年にPOP3をサポートした国内初のWindows対応メールアプリケーション「Winbiff」の開発・販売以来、WEBメール製品の「xgateシリーズ」やメール誤送信対策システムの「BRODIAEAシリーズ」など電子メール専業企業として電子メール利用における利便性、安心と信頼を提供できる製品の開発・販売を行っております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング