オレンジソフト、メール誤送信対策アプライアンスの新バージョン『BRODIAEA safeAttach Version 4.0』をリリース

@Press / 2012年1月11日 11時0分

電子メール関連システムの開発・販売を行う株式会社オレンジソフト(本社:東京都品川区、代表取締役:日比野 洋克)は、メール誤送信対策アプライアンス「BRODIAEA safeAttach (ブローディアセーフアタッチ、以下 safeAttach)」の新バージョンとなるVersion4.0を開発し、2012年1月より出荷を開始いたします。
また、Version4.0のリリースと同時に仮想アプライアンスモデルの追加を行います。


■「BRODIAEA safeAttach」について
ビジネスを進める上で、電子メールは電話に代わる双方向コミュニケーションツールとして、もはや欠かせないものとなっています。
しかしこれに伴い、宛先間違いなどの誤操作を原因とする情報漏えいが頻発しており、大きな問題となっております。
また大容量の添付ファイル送信に関して、受信者側の容量制限などにより送信ができないという問題もあり、メール利用の課題となっております。

「BRODIAEA safeAttach」は、これらの課題を解決するためにオレンジソフトによって開発された、誤送信対策アプライアンスシリーズで、2007年の販売開始以来、多くの企業やASPに採用されています。添付ファイルの自動暗号化、Bcc化によるメールアドレスの漏洩防止、メールの一時保留等、複数の誤送信対策をまとめることで対策を多面的に実現することが可能となっています。


■『BRODIAEA safeAttach Version4.0』の主な機能
・「添付ファイルダウンロード機能」
メールの添付ファイルをメールから切り離し、WEBからダウンロードする機能(添付ファイルダウンロード機能)を新たに搭載しました。
本機能により、受信側のメールサイズ制限などで送信することの出来なかった大容量ファイルの受け渡しが可能となります。
またダウンロード待ちのファイルは、簡単にユーザー・管理者から取り消しをすることができ、添付間違い等の誤送信対策に力を発揮します。
加えて、従来は大容量ファイルの受け渡しにはメールシステムとは別のツール(システム)を必要としていましたが、本機能によりツールを使い分けることなくメールだけでの情報伝達が可能となり、送受信者における利便性の向上、運用コストの削減、セキュリティ強化などを実現します。
また添付ファイルのサイズによって、パスワード付きZIPにするか、ダウンロードにするかをルール化できるので、小サイズのファイルまでダウンロードさせる手間を省くことも出来ます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング