クラウドを活用した初の教育プログラム 経営シミュレーション「ザ・ホテル」の運用を開始

@Press / 2012年1月16日 10時30分

株式会社ビーシーキューブ(本社:東京都渋谷区神宮前5-45-3 コスモビル3階、代表取締役社長:高橋 浩昭)は、独自開発した経営シミュレーションプログラム「ザ・ホテル」の運用を、1月16日より開始します。本プログラムは、インターネット上で提供されるホテル経営の仮想実験の仕組みと経営シミュレーションを使用する初の教育プログラムツールです。
また、本プログラムを使用した研修の主催が可能な、認定インストラクター制度を導入しております。

【主旨】
ホテル業をモデルとするのは、装置産業であり、製造業の側面を持ち、小売業でもあり、また、サービス業であるといった多面的な活動を行う複合企業体の経営システムを学び、体験することで多様な学習ニーズへの対応が可能となるためです。
経営シミュレーション「ザ・ホテル」は、今後、インターネット上での運営を行っていく予定ですが、広く利用を進めるために、「認定インストラクター」を養成いたします。システムがネット上で公開されることで、インターネットへの接続環境さえあれば、いつでも、どこでも経営シミュレーション「ザ・ホテル」が利用可能となり、集合研修などが容易に可能となります。

【特長】
当講座は、現実と酷似したモデルを使って、それを動かしながら現実を再現し、有効な手段や考え方、行動の仕方を見つけ出すことを狙いとして、戦略的な経営を、シミュレーションによって体験して頂くことが可能です。また本プログラムの進め方は、前経営者からホテル経営を引き継いだと仮定し、組織再編を開始します。過去の経営実績と経営環境を分析、新たな意思決定のもと目標・戦略・計画を策定しインプットしシミュレートするものです。ホテル経営の体験を通して、次のような企業経営の本質を体得することが目的となっております。

(1) 企業経営の意思決定をダイナミックに体験できる学習システム
(2) クラウドで提供される環境のため多様性に富んでいる
(3) PDCA実践力が醸成されるマネジメントスタイルを意識したカリキュラム
(4) 現実に酷似したリアリティに富んだ学習環境の提供
(5) グループによるワークショップスタイルの運用が可能
(6) 計数管理能力を開発するシステム思考への誘導を意識したプログラム提供

企業を取り巻く様々な景気変動など内外の環境の変化をシミュレーションさせながら、現実のホテルに酷似したモデルをオペレートすることで、ホテル経営の体験を通して、経営の基本を学ぶ人材育成経営シュミレーションプログラムです。より実践的な研修であり、すぐに業務でお役に立つ内容となっております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング