大仕事!こんなにかかる、みんなの年賀状制作時間 シチズン時計のWEBマガジン「リアルスケール」 時に関するアンケート 第12回『みんなのネット年賀状事情』調査報告

@Press / 2012年1月12日 11時0分

年賀状制作時間 / 全体・性別
 シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:海野 幹夫)が提供するWEBマガジン「リアルスケール( http://www.realscale.jp )」編集部は、全国の男女を対象に、時に関する意識・実態調査 第12回『みんなのネット年賀状事情』を実施いたしました。

調査結果⇒ http://realscale.jp/voice/answer/12/
別添資料: http://www.atpress.ne.jp/releases/24800/A_5.pdf


★大仕事!こんなにかかる、みんなの年賀状制作時間
 ネット、ハガキ双方を含む年賀状の制作にかける時間は、男女別での顕著な差はありませんが、若干、女性の方が長時間の傾向にあるようです。

 全体で、最も多かった回答は、『1時間以上(6時間未満)』の32.3%。また、意外にも、かなりの割合の方が、長時間を費やしているようで、『1時間以上』に続くのは、『1日以上』の15.9%、『3日以上』の14.4%。双方合わせると、なんとおよそ3割の方が、1日以上の大仕事として年賀状制作に取り組んでいるようです。

 『3日以上』と回答した方からは、次のようなコメントが寄せられました。「年賀状は必ず版画にします(千葉県・男性)」「毎年恒例でコスプレ挨拶年賀にしています(埼玉県・女性)」「インターネットも多用してますが、毎年木版画やシルクスクリーンで手作りしています!20年ほど続けています。コレクションしてくれている人も居て毎年頑張ってます!(広島県・男性)」 3日以上をかけて作る年賀状、もはや“作品”と言えるのではないでしょうか。

 他には、「年賀状は恒例行事、年賀状は子供の成長がわかると出した方から喜ばれたりするので、いいものができると早く見せたくなります(大阪府・女性)」「子供が生まれてから、子供の写真を必ず使うことにしていますが、毎年その選定で妻ともめます(東京都・男性)」「多少面倒と感じながらも一年の締めくくりのイベントとして年賀状作りは我が家の行事としてこれからもきっと続けていくと思います(福岡県・女性)」等のコメントが寄せられました。

 年賀状制作の時間は、家族のコミュニケーションの時間でもあり、受け取る相手の顔を思い浮かべる時間でもある様子。年末の空気を感じながら、たっぷり時間をかけて書くのも、年賀状の醍醐味と言えそうです。

年賀状制作時間 / 全体・性別:
http://www.atpress.ne.jp/releases/24800/1_1.gif

@Press

トピックスRSS

ランキング