株式会社キワミ、IRサイト専用自動更新システム『Active IR』を発表

@Press / 2012年1月12日 9時30分

株式会社キワミ(本社:東京都千代田区西神田2-5-11、代表取締役:荻野 朋活、以下 キワミ)は、XBRLに完全対応したIRサイト専用の財務情報更新システム『Active IR(アクティブ・アイアール)』を、2012年1月6日からASPサービスとして提供開始いたしました。
『Active IR』は、あらゆるIRサイトに財務情報の表組/グラフの自動更新機能を低コストで実装し、これまでの常識を超えたレベルの柔軟性を発揮する、IR CMSサービスです。

『Active IR』公式サイト http://www.active-ir.com


■XBRLで科目を自動更新!XBRLに無い科目も演算科目も自由に混在できるIR CMS
2008年から上場企業に提出を義務づけられたXBRLによる財務諸表。財務報告の効率化や情報の再利用を促進できるはずのXBRLが有効に活用されない背景には、XBRLを応用する優れたツールの不足もその一因となっていました。『Active IR』は、IRサイトにXBRL技術の正確さと効率を組み込む高機能なソリューションです。ASPサーバに構築された全てのXBRLデータベースから任意の科目を抽出し、財務情報やグラフを自動更新するサイトとして構築します。さらに、セグメント情報等のXBRL化していないフリー科目や、科目に数式を適用して演算結果を出力する演算科目も、XBRLの科目に混在することができる柔軟性を実現しています。諸表毎に自動公開(全て自動で公開まで行う)とマニュアル公開(XBRLデータは自動更新するが公開はマニュアルで行う)を管理画面から切り替えることも可能です。


■ASPサービスのデメリット部分を払拭する画期的なASPサービス
一般的にASPタイプのIRサービスでは、ASPサーバのトラブルやトラフィック集中が導入企業の公開サイトに動作遅延や表示不良等の影響を及ぼし、ネットワーク速度によるレスポンス遅延等のデメリットを受け入れることを余儀ないものとされていました。『Active IR』のサービス構造は、管理画面の操作のみをASPで提供し、公開データはAPIからお客様のサーバに送り、お客様のサーバから表示するモデルになっています。グラフ表示もJavaScriptやFlashを使用せずに行えるため、静的に構築したサイト同等の表示速度と安定性を実現する、ASPサービスとなりました。ASPならではのサービス供給の早さや機能追加や保守の容易さといったメリットは『Active IR』でも変わらず受けることができます。納品は翌営業日での導入を実現します。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング