SRS Labs社、新しいハイブリッドEQチューニングソリューションを導入

@Press / 2012年1月12日 16時30分

2012年1月10日米国カリフォルニア州サンタアナ発 - サラウンド、オーディオおよび音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」) http://www.srslabs.jp は、新しいハイブリッドEQチューニングソリューション、SRS PureSound(TM)の導入を本日付で発表しました。SRS PureSoundは、オーディオパフォーマンスに悪影響を与えるハードウェア / 電子機器の設計制限を解消し、正確にイコライザー製品をチューニングする先進フィルタリング技術を複数採用した最先端EQチューニングソリューションです。このソリューションをOEM / ODMパートナーにご採用いただくことで、最適なオーディオパフォーマンスを薄型TVおよびサウンドバーから引き出し、期待以上の高品位な音質を実現します。

SRSのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Allen H. Gharapetian( http://srslabs.com/content.aspx?id=42 )は、次のように述べています。
「過去約20年間に亘り、TV / ホームオーディオ機器メーカーのオーディオシステム作りをお手伝いしてきたSRSは、より優れたオーディオパフォーマンスの改善、よりパワフルな音量を提供する上で障害となる物理的な制限を解消するソリューションを提供してきました。SRSの現在ご契約いただいているTV / サウンドバーのライセンシーパートナーを念頭に入れて特に開発されたのが、SRS PureSoundです。他社が提供しているEQ技術は数多く市場に出回っていますが、これらはオーディオレスポンスを補正しながら、全体的な音量を上げることはできますが、高品位な音質をTVで提供するほどの性能を十分備えていないというのが一般的です。一方、SRSならではの音響心理学を応用した先進低音増強技術をSRSが新たに開発したハイブリッドEQを組み合わせたSRS PureSoundをご採用いただくことで、オーディオ設計の上で妨げとなっていた制限をクリアすることができます」

与えられた音声信号の特定成分量をインテリジェントに探知することによって、SRS PureSoundは、有限インパルス応答(FIR)および無限インパルス応答(IIR)を適切にミックスし、2chスピーカーの周波数レスポンスカーブを適応的に補正します。

@Press

トピックスRSS

ランキング