SRS Labs社、新しい空間レンダリング技術を採用したTV/サウンドバー用オーディオソリューションを導入

@Press / 2012年1月12日 17時0分

2012年1月10日米国カリフォルニア州サンタアナ発 - サラウンド、オーディオおよび音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」) http://www.srslabs.jp は、TVおよびサウンドバーで優れたオーディオパフォーマンスを提供する最新オーディオソリューション、SRS StudioSound 3D(TM)の導入を本日付で発表しました。SRS StudioSound 3Dは、サウンドトラックに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感といった空間情報を正確に再生し、リアル感に優れた立体音場を提供するSRSの最先端空間レンダリング技術を初めて採用したTV/サウンドバー用複合オーディオソリューションです。

SRSのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Allen H. Gharapetian( http://srslabs.com/content.aspx?id=42 )は、次のように述べています。
「SRSは、設計・製造に関わる課題を解決するだけでなく、より楽しいエンタテインメント体験を演出する音声信号処理ソリューションプロバイダーとして、18年の年月をかけ高い信頼をCE業界で築いてきました。このSRSが新たに開発したSRS StudioSound 3Dは、左右の広がり感、奥行き感に加え上下感(Z軸)を含む音声情報を再生し、TVまたはサウンドバーのフロントスピーカーから今までにない立体的な音場を実現するSRSの新しい高音質技術の歴史の扉を開くフラッグシップオーディオソリューションです。」

SRSが開発したTVおよびサウンドバー用オーディオソリューションの中で、最もパワフルな音響効果を発揮するSRS StudioSound 3Dには、SRSの特許済EQ、空間レンダリング、フィルターおよび音量均一技術が応用されています。

その特徴は以下の通りです:

・録音コンテンツに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感を正確に再生し、広がり感のあるサラウンド空間を生成する空間レンダリング技術を採用
・放送番組、ストリーミングコンテンツ、圧縮ファイルからクリアな音声を復元
・スピーカーパフォーマンスを最大限引き出し、大音量を提供
・奥行き感ある、豊かな重低音
・あらゆる周波数帯で原音に忠実な音声再生
・悩ましい音量変動を解消し、一定音量を提供

SRS StudioSound 3Dを搭載したデバイスのユーザーは、お好きなTV番組、映画、ゲームと一体感を満喫できる極めて生命感溢れる、リアルな音響感を実感していただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング