SRS Labs社、新しい空間レンダリング技術を採用したTV/サウンドバー用オーディオソリューションを導入

@Press / 2012年1月12日 17時0分

2012年1月10日米国カリフォルニア州サンタアナ発 - サラウンド、オーディオおよび音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」) http://www.srslabs.jp は、TVおよびサウンドバーで優れたオーディオパフォーマンスを提供する最新オーディオソリューション、SRS StudioSound 3D(TM)の導入を本日付で発表しました。SRS StudioSound 3Dは、サウンドトラックに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感といった空間情報を正確に再生し、リアル感に優れた立体音場を提供するSRSの最先端空間レンダリング技術を初めて採用したTV/サウンドバー用複合オーディオソリューションです。

SRSのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Allen H. Gharapetian( http://srslabs.com/content.aspx?id=42 )は、次のように述べています。
「SRSは、設計・製造に関わる課題を解決するだけでなく、より楽しいエンタテインメント体験を演出する音声信号処理ソリューションプロバイダーとして、18年の年月をかけ高い信頼をCE業界で築いてきました。このSRSが新たに開発したSRS StudioSound 3Dは、左右の広がり感、奥行き感に加え上下感(Z軸)を含む音声情報を再生し、TVまたはサウンドバーのフロントスピーカーから今までにない立体的な音場を実現するSRSの新しい高音質技術の歴史の扉を開くフラッグシップオーディオソリューションです。」

SRSが開発したTVおよびサウンドバー用オーディオソリューションの中で、最もパワフルな音響効果を発揮するSRS StudioSound 3Dには、SRSの特許済EQ、空間レンダリング、フィルターおよび音量均一技術が応用されています。

その特徴は以下の通りです:

・録音コンテンツに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感を正確に再生し、広がり感のあるサラウンド空間を生成する空間レンダリング技術を採用
・放送番組、ストリーミングコンテンツ、圧縮ファイルからクリアな音声を復元
・スピーカーパフォーマンスを最大限引き出し、大音量を提供
・奥行き感ある、豊かな重低音
・あらゆる周波数帯で原音に忠実な音声再生
・悩ましい音量変動を解消し、一定音量を提供

SRS StudioSound 3Dを搭載したデバイスのユーザーは、お好きなTV番組、映画、ゲームと一体感を満喫できる極めて生命感溢れる、リアルな音響感を実感していただけます。

SRSの既存ライセンスパートナー向に開発したSRS StudioSound 3Dの導入により、あらゆるオーディオプロセシング応用デバイスの事実上の標準技術提供会社としてのSRSの牽引的な立場は更に堅固なものとなりました。TV・サウンドバー用に新しいオーディオソリューション採用を検討中の企業は、こちら( http://srslabs.com/contact.aspx?ekfrm=546 )から、お気軽にSRSまでお問い合わせください。

尚、本プレリリースについての詳細、SRS会社詳細またはSRSの技術に関しては、 http://www.srslabs.jp/ をご覧いただくか、Twitter( http://twitter.com/srslabsJapan )およびYouTube( http://www.youtube.com/srslabsJapan )をご参照ください。


【SRS Labs, Inc.の会社概要】
1993年に創設されたSRS Labs社は、業界をリードするコンシューマーエレクトロニクス製品用の音声信号処理技術提供企業です。ヒューズエアクラフト社で開発された音声技術を基に創業したSRS Labs社は、世界中で150を超える特許を有し、人間の聴覚原理に関する研究開発および応用分野で最も権威ある企業として業界で認知されています。グローバルビジネスを展開する主要家電メーカー、半導体メーカー、ソフトウェアパートナーとのビジネスパートナーシップを通じて、SRSのオーディオ、サラウンドサウンドおよび音声処理技術の多くが、HDTV、携帯電話、ポータブルメディアデバイス、PCおよび車載エンタテインメントなど、これまでに、世界中で10億以上の製品に搭載・販売されています。SRS Labs, Inc.は、米国の本社をはじめ、中国、欧州、日本、韓国および台湾に営業所を構え、世界中のメーカーとの相互発展に向け努めています。詳しい情報については、以下をご覧ください。
■米国本社URL: http://www.srslabs.com/
■日本語 URL: http://www.srslabs.jp/


本リリースの記述内容は、実際過去に起こった情報を除いて、SRSを代表するものの発言など、マネジメントが言及した仮定およびマネジメントが現在入手できる情報のみならず、マネジメントの信念に基づいた将来の出来事についての仮定、予想、期待、目標、意図または信念に関する将来予想に関する記述で成り立っています。当社は本リリースで述べた期待は、妥当な仮定に基づいていると確信していますが、当社の目的および戦略が実現できるという確証はありません。リスクおよび不確定要素など数多くのさまざまな要因が、当社の業績に影響を与えたり、当社または当社の代理者が述べた将来予想に関する本リリース内の記述が重大な結果を及ぼすかもしれません。これらの要素には、SRS Labs社の新製品および技術の承認、競合製品および価格の影響、当社のタイムリーな技術開発および発表、一般的なビジネスおよび経済状況(特にアジアの)、および当社のForm 10-Kおよび証券取引委員会に提出されたその他季刊報告書に詳述されたその他の要素を含みます。SRS Labsは、新しい情報、将来の開発内容またはそれ以外の結果として、いかなる将来予測に関する記述を最新化または改定する責務を特に負いません。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング