新渡戸文化アフタースクールとSTEMONがSTEAM教育で提携 ~放課後を活用したキッズ向けSTEAM教育の実践!~

@Press / 2021年2月25日 9時30分

レッスンの様子
新渡戸文化アフタースクール(学校法人 新渡戸文化学園、理事長:平岩 国泰)と株式会社ヴィリング(本社:東京都杉並区、代表取締役:中村 一彰、以下 ヴィリング)は、ヴィリングが運営するSTEAM教育スクールSTEMON(以下 ステモン)を活用し、小学生向けSTEAM教育の実践を連携していくこととしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/248514/LL_img_248514_1.jpg
レッスンの様子

■提携の背景
STEAM教育は低年齢期から「つくる活動」を通じて、物理の知識やコンピュータを活用する力を育むと同時に、好奇心、粘り強さ、コミュニケーション力、問題解決能力、多様性の理解などを養うことができることから、これからの新しい学びとして期待されています。
公教育ではプログラミング教育の必修化やGIGAスクール構想が推進され、小中学生を対象としたプログラミング教育やSTEAM教育は全国に広まりつつあります。

このようななか、新渡戸文化アフタースクールは日本初のSTEAM教育スクールとして実績が豊富なステモンを導入し、当アフタースクールに通う小学生向けに体系的なSTEAM教育を提供することを決めました。


■STEAM教育とは?
STEAM教育とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの英単語の頭文字を組み合わせた教育用語です。
個性を大事にしながら教科横断的に学び、情報社会を1人1人が豊かに生きることをねらいとした新しい学習方法です。
ステモンではSTEAM教育のこれまでの文脈を考慮し、「Engineeringを軸にした課題に、ScienceとMathematicsの知識を活用しながら、Technologyを利用して表現(Art)する」と定義し、5歳~12歳向けに年間を通じた体系的な独自カリキュラムを開発してきました。


■ステモンとは
海外のSTEAM教育事例と学習指導要領を参考にSTEAM教育カリキュラムを開発し、つくる活動を通じて、5歳~12歳が物理やプログラミングを学ぶことができる教室です。
日本初のSTEAM教育スクールとして2013年10月より活動をはじめ、現在は東京都杉並区を中心にした直営教室のほか、インターナショナルスクール、フリースクール、フランチャイズ教室へのプログラム提供も行い、全国100教室で2,000名以上の子どもが通っています。
また、東京都教育委員会、大阪市教育委員会よりプログラミング教育推進事業者として指定され、公立小学校のプログラミング教育の導入の支援実績も豊富です。
「日本に良質なSTEAM教育を広める」という方針を掲げ、様々な教育機関と連携し、STEAM教育の普及に貢献してまいります。


■会社概要
会社名 :株式会社ヴィリング( https://www.viling.co.jp/ )
所在地 :〒167-0032 東京都杉並区天沼3-12-10 エノモトビル3階
事業内容:・キッズ向けSTEAM教育スクール「STEMON」( https://www.stemon.net/ )
・民間学童保育「スイッチスクール」( https://www.afterschool-lealea.com/ )
・読解力をつける算数教室「よみとき」( https://www.yomitoki.com/ )


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ものづくりをする子供たち プログラミングを楽しむ子供

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング