小学館の幼児教室ドラキッズ オリジナル無料iPadアプリ登場!子どもの創造力を刺激する『おえかきドラキッズ』

@Press / 2012年1月17日 11時30分

おえかきドラキッズTOP
株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八木 正男)は、親子で遊んで、楽しく学べる教育アプリ「エデュプリ」シリーズから、2012年1月16日に、iPadアプリ「おえかきドラキッズ」を無料にてリリースいたしました。(※ スタンプ追加、色追加等の機能は85円)

iPadアプリ「おえかきドラキッズ」: http://itunes.apple.com/jp/app//id490533477?mt=8


【iPadアプリ「おえかきドラキッズ」とは】
「おえかきドラキッズ」では、まだクレヨンや鉛筆をにぎることができない小さな子どもたちも、指を使った簡単な操作で自由にお絵描きを楽しむことができます。
お絵描きへの興味の入口として、最適なアプリになっています。


【「おえかきドラキッズ」の特長】
1.充実のお絵描き機能
鉛筆、クレヨン、筆の3種類の画材から3段階の太さが選択できます。
好奇心をくすぐる様々なスタンプや、模様が描ける5種類の魔法ペン、一筆でぬりえができるバケツのツールなど、お絵描きの幅を無限に広げます。

2.遊び方に決まりはナシ
このアプリに決まった遊び方はありません。
子どもたちは自由な発想で、思いついたままを描いて、塗って、消して、また描いて、繰り返しお絵描きを楽しむことができます。子どもたちは自己の持つ想像力・表現力を最大限に発揮します。ひとり一人の子どもが遊びを創り出し、生きた学びになります。遊びを創りだすことは最高の学びにつながります。

3.幼児教室ドラキッズの授業でも採用
全国約250教室を展開するドラキッズで、順次iPadが導入されています(一部除く)。教室では「おえかきドラキッズ」を使用して、子どもたちは楽しみながら、「かたち」「おおきさ」「いろ」などを学んでいきます。

4.描いた絵はメール添付可能。親子・家族のコミュニケーションツールに!
メール添付機能を使って、描いた絵を遠くに住むおじいちゃんやおばあちゃんにメールで送ることができます。撮った写真を取り込んで、かわいくデコレーションを楽しんだり、絵を描くだけでなく親子の、そして家族のコミュニケーションツールとしてもお楽しみいただけます。


【小学館の幼児教室 ドラキッズとは】
小学館の幼児教室「ドラキッズ」は、全国の大手百貨店・ショッピングモールなどで展開している1歳~年長児を対象とした教室です。
総合教育コースでは、7つの分野「ことば・もじ」「かず・かたち」「おんがく・えいご」「こころ育て(EQ)」「運動」「造形」「自然」を組み合わせた活動を、様々な『あそび』を通じて経験します。多くの『まなび』の種が潜んでいる『あそび』をたくさん体験することで、お子さまの知的好奇心を育み、学習意欲を高めていきます。
1歳児クラスは親子一緒。修了に向けて、スムーズな母子分離を進めていきます。2歳児クラスはお母さんと離れて活動することで集団に慣れ、入園準備を万全にします。全てのクラスで学齢に合わせたオリジナルのカリキュラムを組んでおりますので、安心してお任せいただけます。
他にも英語コースなどをご用意しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング