「BCN AWARD 2012」受賞社決定 全107部門の国内ナンバーワン・メーカー決まる

@Press / 2012年1月16日 9時30分

<ハードウェア部門>
 株式会社BCN(本社:東京都千代田区、取締役社長:奥田 喜久男)は1月13日、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップのPOSデータ集計にもとづき、パソコン関連商品ならびにデジタル家電商品107部門での年間販売台数累計におけるナンバーワン・メーカーを選ぶ「BCN AWARD 2012」の受賞社を発表した。対象期間は2011年1月から12月までで、今回は107部門、52社が受賞。また、1月25日(水)に「BCN AWARD 2012」の表彰式を大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催する。

 「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データを集計する当社が、そのデータをもとに年間(1月~12月)販売台数累計第1位のメーカーを表彰する制度です。「BCN AWARD 2012」では、23社2,365店舗を集計対象としています(※)。受賞社決定にあたっては、サイバー大学教授・前川 徹氏、長野市教育長・堀内 征治氏、弁護士・辛島 睦氏、デジタル・メディア評論家・麻倉 怜士氏、ITジュニア育成交流協会理事長・高橋 文男氏の5名の有識者からなる「認証委員会」を設置し、委員会の認証を経る公正な評価システムを導入しています。

(※)集計対象の社数は、当社と販売店との間でデータ提供契約を締結している法人数をカウントしています。
  また、店舗数は新規出店、統廃合などにより若干変動いたします。


【「BCN AWARD 2012」開催概要】
開催日時:2012年1月25日(水) 15:00~17:00(開場14:30)
会場場所:大手町サンケイプラザ 4Fホール(東京都千代田区大手町1-7-2)

【2011年トピックス】
 2011年は、東日本大震災やタイの大洪水など、大災害がデジタル家電製品の生産や流通に多大な打撃を与えた年だった。薄型テレビはデジタル化目前の駆け込み購入で盛り上がったものの、7月のアナログ停波を境に地デジ化特需はほぼ終了した。一方、スマートフォンは本格的な普及期に突入。タブレット端末市場も、多くのメーカーが本格的に参入し始めたことで徐々に立ち上がってきた。

【新設部門と受賞社の主な顔ぶれ】
 「BCN AWARD 2012」の対象部門は、ハードウェアが74部門、ソフトウェアが33部門の計107部門。今回、「タブレット端末」、「タブレット端末アクセサリ」、「三脚・一脚」、「スマートフォン」の4部門を新設した。新設部門の受賞社は、タブレット端末部門がアップル、タブレット端末アクセサリ部門がエレコム、三脚・一脚部門がスリックだった。そのほか、ハードウェア部門では、携帯オーディオ部門でソニーが初受賞。PCカメラ部門は、接戦を制したバッファローコクヨサプライが受賞した。ソフトウェア部門では、マイクロソフトが6部門で13年連続13回目の受賞を果たした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング