ホームタイプの電子ピアノ「HPシリーズ」の新モデル ローランドピアノ・デジタル『HP507』『HP505』『HP503』発売

@Press / 2012年1月20日 15時0分

『HP507』黒塗鏡面艶出し塗装仕上げのイメージ写真
 ローランド株式会社(社長:田中 英一 http://www.roland.co.jp/ 資本金:92億74百万円)は、独自の「スーパーナチュラル・ピアノ音源」、グランドピアノさながらの立体音場空間を生み出す新技術「アコースティック・プロジェクション」により、楽器全体で豊かに響くデジタルピアノ『HP507』『HP505』『HP503』を、2012年2月下旬から発売します。


<特長>
●新技術「アコースティック・プロジェクション」により、グランドピアノ独特の立体感ある音場を再現(HP507/HP505)
●ローランド最高峰の「音」「鍵盤」「ペダル」で、グランドピアノさながらの演奏表現力を実現
●高級感ある優美なデザインと、リビングや子供部屋にすっきり設置できる奥行き50cm以下の省スペース設計
●環境にやさしい省電力、省エネにも配慮


 今回、家庭用電子ピアノ「HPシリーズ」全モデルに、ローランド最高峰の「スーパーナチュラル・ピアノ音源」、「アイボリー・フィール鍵盤」、「プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル」を搭載。グランドピアノさながらの美しい音や弾き心地を実現しています。さらに上位モデル『HP507』『HP505』は、新技術採用により、グランドピアノ独特の、自然で動きのある立体的な音場を再現。奥行きと広がりのある豊かな音を感じながら、ピアノ演奏をお楽しみいただけます。

 また新しい「HPシリーズ」は、高級感にあふれ優美なデザインでありながら、すべてのモデルにおいて奥行き50cm以下の省スペース設計を実現。リビングや子供部屋など、どんな部屋にもすっきり設置できます。上位モデルでは、消費電力を大幅に削減するなど、環境にも配慮して設計されています。

・品名/品番
 ローランドピアノ・デジタル『HP507』『HP505』『HP503』
・価格
 オープン価格
・発売日
 2012年2月下旬
・初年度販売台数(国内・海外 計)
 計50,000台


▼新技術「アコースティック・プロジェクション」により、グランドピアノ独特の立体音場空間を再現(『HP507』『HP505』)
ピアノを弾いたときに広がる独特の音場空間は、さまざまな音の要素の調和により生み出されます。『HP507』『HP505』では、演奏者が手元でダイレクトに感じる音、上部から広がって奏者を包み込む明るく華やかな響き、足元から響いてくるピアノの胴鳴りや迫力の低音を、ピアノ本体に設置されたマルチ・ステレオ・スピーカーそれぞれから再生。それらのサウンドが空間でブレンドされることにより、グランドピアノさながらの立体感のある自然な音の広がりや動きを感じながら、演奏を楽しむことができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング