フェンダー社との提携強化により、ローランドが「V-Guitar」の販売を開始

@Press / 2012年1月20日 15時0分

『G-5』のイメージ写真
 ローランド株式会社(社長:田中 英一 http://www.roland.co.jp/ 資本金:92億74百万円)は、2007年に結んだ米国Fender Musical Instruments Corporation(以下:フェンダー社)との提携関係をさらに強化し、両社で新たに共同開発したギターVG Stratocaster(R)『G-5』とGK-Ready Stratocaster(R)『GC-1』を、2012年2月下旬から販売します。


<特長>
●フェンダー社と共同開発した2種類の「V-Guitar」をローランドが販売
(1)VG Stratocaster(R)『G-5』
  ギターの定番、フェンダー・ストラトキャスターにローランドのCOSM(*1)ギター・モデリング技術を搭載
(2)GK-Ready Stratocaster(R)『GC-1』
  フェンダー・ストラトキャスターにローランド独自のピックアップ技術を搭載。Vギター・システムやギター・シンセサイザーと組み合わせて演奏

 ローランドは、1977年に世界初のギター・シンセサイザー「GR-500」を発売。さらに1995年には一本のギターで数種類のギター・サウンドを再現できる世界初のモデリング・ギター「VG-8」を発売し、ギタリストに対し常に新しい提案をしてきました。
 一方、フェンダー社は、1946年以来60年以上にわたり、エレクトリック・ギターやベースのマーケット・リーダーで、同社の代表的な製品である「ストラトキャスター」や「テレキャスター」、「ジャズ・ベース」は、ロック音楽に革命をもたらした楽器として知られ、現在も世界中の演奏家や愛好家から高く評価されています。
 そして2007年には両社の提携により、フェンダー社のストラトキャスターに、ローランドのモデリング技術COSM(*1)を搭載したVG Stratocaster(R)が誕生し、フェンダー社から発売され大きな話題となりました。今回は、この提携関係をさらに発展させ、ギタリストに新たな表現を提案する2種類のギターをローランドが販売します。

 ギターは、アコースティック・ギターからエレクトリック・ギターへと進化してきました。さらに「V-Guitar」は、ローランド独自のデジタル信号処理技術を取り入れることで、ギターの表現力を格段に進歩させました。このたび楽器市場の中でも最大規模を誇るギター市場にローランドが本格参入することで、両社の事業拡大を目指します。

@Press

トピックスRSS

ランキング