「なぞって」、「かこって」デジタル化する驚愕のマーカー登場!!『KYBER SmartMarker(カイバースマートマーカー)』シリーズを2月8日発売

@Press / 2012年2月2日 10時0分

株式会社オーリッド(所在地:大分県、代表取締役:三浦 雅弘)は、ヒューマンリソースを活用したOCRによるデジタルデータ化クラウドサービス『O-RID KYBER(オーリッドカイバー)』の機能を大幅に拡張し、手書きや活字を問わず、様々な書類上の必要な部分を「なぞって」「かこんで」マーキングする事で、任意の文字単位で簡単にデジタル化が可能な、専用のマーカー(蛍光ペン)『KYBER SmartMarker(カイバースマートマーカー)』を2月8日よりAmazon.co.jp発売開始する事となりました。


【今度はマーカー!
専用ノート以外の書類も対応、「部分的」にデジタル化が可能】
2011年9月に発売いたしました『KYBER SmartNote(カイバースマートノート)』は、専用ノートに記述した手書きの文字「すべて」が高精度で文字認識されクラウド上でSNSやスケジュールなどの2次活用ができるという、手書きとクラウドの融合という今までにないコンセプトでご好評いただいておりましたが、実際ご使用いただいているユーザ様から「専用ノート以外でも文字認識してほしい!」、「部分的にキーワード(タグ)だけ文字認識したい!」などのお声をいただき新たに製品の準備を行ってまいりました。

そして今回、手書きのノートに限らず様々な書類への対応と、ユーザが必要な部分だけ、任意の文字単位でデジタル化を行う事ができる専用マーカー(蛍光ペン)を開発。スマートフォンと組み合わせる事でその機能を実現し、『KYBER SmartMarker』として製品化いたしました。


【「なぞる」、「かこむ」がキーワード】
使い方は簡単、デジタル化したい個所(文字)をマーカーで「なぞったり」、四角く「かこったり」するだけ、後はマーキングした範囲を含むようにスマートフォンで撮影する事で、撮影したイメージ画像がクラウドへ保存され、且つそれに紐づく形でマーキングされた部分がデジタル化されます。
課金方法はシンプルで、マーキングしデジタル化された文字数分のみが課金対象となるため、無駄なくご利用いただけます。製品パッケージには予め5,000文字分をデジタル化可能とするQRコード付カードが付属しておりますので、購入後アクティベーションする事で、すぐにご利用いただけます。

▼詳細URL: http://www.o-rid.com/marker/

専用マーカーは、その高い品質に信頼性のある、ぺんてる株式会社の「Handy-LineS(ハンディラインエス)」を使用し、本製品の開発を行いました。

@Press

トピックスRSS

ランキング