マルイの主要6店舗も導入、売り場周遊時のアプリを使った共通ポイント付与サービス『スマポ』

@Press / 2012年1月19日 9時30分

 株式会社スポットライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田 陽)は、株式会社丸井(本社:東京都中野区、取締役社長:中村 正雄)と協業し、有楽町マルイ、新宿マルイ本館、マルイシティ渋谷など都内のマルイ6店舗の売り場28か所において、当社のスマートフォン上の共通来店ポイントサービス『スマポ』を、1月19日(木)からサービス開始いたします。

 『スマポ』は日本初のスマートフォン上の共通来店ポイントサービスとして昨年9月にサービスを開始し、丸井は通算で6社目の参加となります。

 今回導入するサービスのアプリ『スマポ』は、対象となる売り場への利用者の来場を自動的に検知し、利用者が商品を眺めている間に、1つの売り場につき30円相当の『スマポ』共通ポイントを付与します。貯めたポイントはマルイをはじめ、大丸やビックカメラ、ユナイテッドアローズなどの参加企業が提供、発行する商品券等に交換でき、ポイントはこれらの参加店舗でも獲得し貯めることができます。


【お買いものに行くだけでポイント還元、スマホを使ったかしこいお買いもの術としてじわりと普及】
■『スマポ』を利用すると、買いものをしなくても1か所の売り場の周遊につき10~30円相当の『スマポ』共通ポイントがもらえます。『スマポ』は“来店するだけでポイントがもらえる”という点で、従来のポイントサービスよりお得で“かしこいお買いもの術”として注目されています。

■現在、首都圏の44店舗、67もの売り場が参加しています。例えば、渋谷・原宿エリアでは17の売り場に普及しており、1日に5か所以上の売り場を買いまわる利用者もいます。

■1,000円のお買いものをした場合、『スマポ』で30ポイントを獲得すれば、購入額の1%ポイント付与のハウスポイントカードにくらべ、ポイント還元率は3倍になり、お得なスマートフォンの活用術として人気です。


【スマホを駆使、小売企業の新販促手段として、参加企業が続々増加】
■昨年9月に、大丸とビックカメラの2社で開始された本サービスは、毎月1社のペースで参加企業が増え、現在6社と提携しています。

■対応する店舗、売り場は、44店舗、67売り場(期間限定店舗を含む)にまで拡大しています。さらに株式会社伊東屋を含む3社が3月までの参加を予定しています。

■『スマポ』普及の一因として、『スマポ』の技術を使った“来店者数に応じた料金体系”が、これまでのチラシ等の宣伝手段に対して魅力的であることがあげられます。さらに、これまで因果関係があいまいだった“リアル店舗における広告の集客効果の測定”が『スマポ』によって可能になりました。スマートフォンの特性を最大限に活用した“O2O(オンライン・ツー・オフライン、オンラインでリアル店舗への販促を行うこと)販促方法の本命”として注目され、数多くの導入の相談があります。

@Press

トピックスRSS

ランキング