BIGLOBEが、スマートフォン向けサイト「J-WAVE SOUNDS」を構築~「BIGLOBE Contents Director」により、スムーズなサイト構築を実現~

@Press / 2012年1月23日 11時0分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/01/120123-a


 NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、スマートフォン向けコンテンツ配信サービス「BIGLOBE Contents Director」を活用し、株式会社J-WAVEの「J-WAVE SOUNDS」を構築いたしました。

 「BIGLOBE Contents Director」は、コンテンツ配信機能、会員管理機能、「spモード」に対応した課金機能など、スマートフォン向けアプリ/コンテンツの配信に必要な機能をクラウド上でトータルに提供するサービスです。このたびのサイト構築では、フィーチャーフォンからスマートフォンに機種を変更した利用者の情報の引き継ぎ、コンテンツの著作権保護、キャリア課金などにも円滑に対応し、短期間での構築を実現いたしました。


「BIGLOBE Contents Director」導入の概要は以下の通りです。

1. フィーチャーフォンからの容易な乗り換えに対応
 フィーチャーフォン向けサイト「J-WAVE SOUNDS」の利用者が、スマートフォンに機種変更した場合にも、継続して同サイトを利用できる環境を実現。通常は、フィーチャーフォンからスマートフォンへの利用者情報の引き継ぎには、NTTドコモから利用者情報を取得し、スマートフォン向けサイトの会員データベースに登録するシステムの構築が必要だが、本サービスでは会員情報の移行機能を標準サービスとして提供しているため、必要な情報をあらかじめ設定するだけで、利用者情報の引き継ぎに対応したサイトを容易に構築できる。

2. キャリア課金や著作権保護に対応したサイトを短期間で構築
 「BIGLOBE Contents Director」では、課金やDRM(デジタル著作権管理)など、スマートフォン向けコンテンツ配信に必要な機能をトータルに提供。キャリアと連携した課金システムや、ライセンス管理システムを新たに構築する時間や費用が不要で、コストを抑え、短期間でのサイト構築を実現。

3. “申請代行サービス”の活用によるスムーズなキャリア申請
 サービス提供にあたっては、キャリア毎に定められたルールや仕様に即したサイトを構築し、申請に必要な書類を作成、提出しなければならない。手間がかかる仕様書の読み込み、複雑な書類の作成、修正や環境事前チェック等のキャリアとのやり取りなどは、業務オプションとして提供する“申請代行サービス”により、スムーズな申請をサポート。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング