「エコマークアワード2011」(財団法人日本環境協会主催) サーモス「ステンレスボトル」がプロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞~「マイボトルブームの先がけ」と評価~

@Press / 2012年1月17日 15時30分

エコマークアワード ロゴ
 サーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:樋田 章司)の「ステンレスボトル」は、財団法人日本環境協会主催の「エコマークアワード2011」において「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞いたしました。

 エコマークアワードは、2010年度に創設された表彰制度で、エコマーク商品をはじめとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発等により、「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与した企業・団体等の優れた取組みを表彰するものです。今回、当社が受賞した「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」は、全エコマーク認定商品の中から、特に環境性能や先進性、エコフレンドリーデザインなどに優れた商品を表彰するものとして2011年度に新設され、当社のステンレスボトルなど2点が選出されました。

エコマーク受賞商品:
http://www.atpress.ne.jp/releases/24951/B_2.JPG


 当社は「利便性」と「環境保護」を両立させることを使命と考え、断熱技術と創造力で省エネルギーに貢献し、快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案することを理念としており、「携帯用まほうびん(ステンレスボトル)」「卓上用まほうびん」「弁当用ジャー」「保温調理器」といった4つの商品群でエコマークを取得しています。今回の受賞は、こうした取り組みや、「ステンレスボトル」が飲料容器を廃棄する従来のライフスタイルから、マイボトルを繰り返し使うライフスタイルへの転換を促進した点、これにより地球温暖化防止に貢献した点などが高く評価されたものです。

 なお、2月2日(木)に東京ウィメンズプラザにて開催される「エコマークコミュニケーションフォーラム」にて、同アワードの表彰式が行われます。

 今後もサーモスは、環境負荷の低減に取り組み、豊かさと環境が両立する社会の実現を目指していきます。


【サーモス株式会社について】
 世界で初めて魔法びんを製品化して以来、サーモスは優れた断熱技術とユニークな発想で、真空断熱マグ、保温弁当箱など生活を快適にする製品を皆様にご提供しています。魔法びんの高度な真空断熱技術に生活快適発想をプラスしたサーモスのさまざまな製品は、世界120ヶ国以上で愛されています。

★サーモス株式会社 http://www.thermos.jp/


【選考委員会による評価コメント】
サーモス ステンレスボトル [エコマーク認定番号:10 146 009]

 サーモスの「スポーツボトル」はマイボトルブームの先がけともいえる商品であり、1998年に、冷たい飲み物を入れて、直接飲むボトルとして登場した。スポーツボトルという新たな市場をつくりだし、飲料容器を廃棄する従来のライフスタイルから、身近な環境配慮行動としてマイボトルを繰り返し使うライフスタイルへの転換を促進した。保温効果によって、地球温暖化防止にも貢献する。優れた技術によりコンパクト化、軽量化されており、デザイン、性能、使いやすさにより消費者の支持を得ている。また、製品タグや個装箱にエコマークを表示し、ホームページなどでも、エコマークを積極的にPRしている点も高く評価された。
(2010年エコマーク認定取得)

◆エコマークアワード2011 http://www.ecomark.jp/award/award_2011.html


【製品に関するお問い合わせ先】
サーモス株式会社 お客様相談室
TEL:0256-92-6696

【エコマークアワードに関するお問い合わせ先】
財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 普及・国際協力課
TEL:03-5643-6255

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

エコマーク受賞商品

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング